伊勢湾ジギングで『大ハマチ』 好ゲストは良型ヒラメ【愛知・祐英丸】

伊勢湾ジギングで『大ハマチ』 好ゲストは良型ヒラメ【愛知・祐英丸】

愛知県の祐英丸から5時30分に出船し、一路伊良湖沖を目指す。ジギングで丸々と太った大ハマチ、タイラバではマゴチ・ヒラメに出会えた釣行をレポートしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

祐英丸でオフショアジギング

伊勢湾のルアー船では、梅雨明けしてからの例年通りの猛暑を考慮し、8月いっぱいはサマータイムの導入している。これは出船、沖上がり時間を30分早め、少しでも朝の涼しい時間帯に長く釣れるようになっている。

この日は平日ということもあり、祐英丸の釣り人は私も含め3人のみ。まずは夏にもかかわらず脂が乗ってうまいと評判の大ハマチをジギングで狙う。水深は40m前後。長梅雨で増水した木曽三川から流れ込む真水のせいで、この海域は慢性的な二枚潮になっており、この水深でもジグは120g程度を使う。

ボトムタッチを確実に感じ取り、比較的ゆったりとしつつもキレのあるジャークで誘い上げていく。近年人気のスロージギングも効果的なようで、クイックゼロワンやジャックアイスローなどのジグに実績がある。だが、いわゆるノーマルジグ、TGベイトやZ4などの伊勢湾定番のジグでもヒット率は高く、どちらがいいともいえない状況のようだ。

朝の時合いに大ハマチ連発

魚探には時折いい反応が出るようで、その都度奥村船長がアナウンスしてくれる。と、ミヨシでヒット。スロージギングでフォールさせた瞬間に食ってきたのは、丸々の大ハマチ。走り回った末にネットに収まり、無事御用。もう1人のアングラーにもヒットはあったようだが、これはハリ外れのバラシ。

伊勢湾ジギングで『大ハマチ』 好ゲストは良型ヒラメ【愛知・祐英丸】コンディション抜群(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

朝の時合い、今のうちに釣らねばと、私もTGベイトを落とすとボトムからシャクり上げた瞬間にラインがフケた。サワラに切られたかと思い、急いでリールを巻くと中層で一気に走り出す。食い上げていたようだ。

伊勢湾ジギングで『大ハマチ』 好ゲストは良型ヒラメ【愛知・祐英丸】大ハマチはスロージギングで(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

それでもすんなりネットに入った大ハマチは、船に上げてから大暴れ。

ハリ外し時の注意点

このとき、決して素手でハリを外そうとしないこと。フックが手に刺さって大事故になる。うまく抜ければいいが、カエシまで貫通すると病院行き。一日の釣りが台無しになってしまう。魚からハリを外すときは、必ずロングノーズタイプのプライヤーを使うようにしたい。

さらにミヨシでもう1匹大ハマチが上がった後は、時合いが終わったようでしばらく沈黙の時間が流れる。

次のページでマゴチ&ヒラメ顔出し!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。