【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおう

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおう

船上でしか味わえない「イカの沖干し」は釣り人の特権とも言える。今回は、必要な道具選び~作り方までを解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

その他 レシピ

イカの沖干し作り前の注意点

まずは船長に船上で干していいか必ず確認。断られることはあまりないと思うが「船上の空間を借りる」ということを忘れてはいけない。事前に伝えておけば、作りやすい位置にロープを張ってくれたり、こだわりの作り方を教えてくれるかもしれない。

沖干し作りの必需品

イカの沖干し作りに必要な道具を紹介しよう。

ロープ

持参が必要な場合があるので、乗船前に船宿に確認することを勧める。

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおう必要な道具を揃えよう(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

刃物類

小型包丁やナイフ、キッチンバサミなど。海上で使用するためさびやすいので注意。

竹串

イカを干す際に必要。ケガの原因にもなるので管理はしっかり。

イカの沖干しの作り方

(1)胴体の中央からエンペラへ向けてナイフや包丁、キッチンバサミなどで刃を入れる。ナイフなどを使う場合は刃を上向きにして押すように切る。

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおうエンペラの先へ向けて切る(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

(2)内臓、キモ、骨などを取り除く。

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおう開いて内臓を取る(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

塩辛や、キモ正油などを楽しみたい人は、キモは個別にプラスチック容器へ移しクーラーへ。

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおうキモは個別の容器へ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

(3)両目の間に刃を入れ足の付けを切る。刃の向きは下で。口をつけたまま干してもいいが、取って身と別にして乾かすほうが乾きはいい。

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおう両目の間に刃を入れる(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

(4)両目を取り除く。慣れている人はそのまま手で取ることもあるが、切れ目を入れておくと取りやすい。

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおう目を取る(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

(5)さばいたイカを奇麗な海水ですすぎ、ロープを挟み込むようにして身側へ串を抜き刺す。上下左右に曲がらないようにする。

【釣果レシピ】イカの『沖干し』の作り方 釣り人の特権を味わおうロープを挟み込んで干す(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年8月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。