『スイミング』ゲームでロックフィッシュを狙う【エヌテックマリン】

『スイミング』ゲームでロックフィッシュを狙う【エヌテックマリン】

近年人気急上昇のロックフィッシュの『スイミングゲーム』。三重のエヌテックマリンから出船し、オオモンハタ・アカハタ・サバなどの快引を楽しんだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ロックフィッシュの『スイミングゲーム』

まず、ロックフィッシュのスイミングゲームについて紹介しよう。

ターゲットはハタ類

まずターゲットはオオモンハタやアカハタ、マハタなどのハタ類だ。これを30~40gといった重めのジグヘッドに、3inch前後のワームをセットして、スイミングで狙うというものだ。

同じ根魚にカテゴライズされているが、カサゴ類とハタ類では大きくその性質が違う。カサゴ類は岩陰に身を潜ませ、目の前を通る小魚やエビなどを捕食する待ち伏せ型。

逆にハタ類は積極的にエサを追い回し、ベイトの群れと一緒に移動する追跡型だ。またハタはベイトを追尾して、上層までチェイスする。したがってシーバスや青物を狙うときのように、ルアーを浮かせて横引きするというメソッドは、このうえなく効果的といえるわけだ。

オオモンハタは『回遊魚』?

特に今回メインターゲットに据えたオオモンハタなどは、同行させていただいた岐阜市のフィッシングタックル・カリプソの大宮店長によれば「コイツらは回遊魚です」というほど。つまりスイミングゲームにおいて、ベイトや潮の動向もカギとなるのは間違いない。

三重『エヌテックマリン』から出船

7月26日、ロックフィッシュのスイミングゲームへ。お世話になったのは、三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリン。メインフィールドの尾鷲湾は、ここ数年スイミングゲームの人気が急上昇で、7月以降も好釣果が続出。サイズも50cmクラスのオオモンハタがちょくちょく出ており、いやでも期待が膨らむ。

『スイミング』ゲームでロックフィッシュを狙う【エヌテックマリン】ベイトタックル&小型ジグで(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

この日は中井敏秀キャプテン操るガイド船で出船。午前6時半に出船し、まずは最近接岸してきたサバで肩慣らし。サバといっても40cmを超える丸々と太ったゴマサバだ。

『スイミング』ゲームでロックフィッシュを狙う【エヌテックマリン】ブリブリの大サバ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ナブラ発生でサバが入れ食い

すぐに湾口近くでナブラに遭遇。ベイトはカタクチイワシのようで、上空からは海鳥、下からはフィッシュイーターが突き上げてお祭り騒ぎだ。

『スイミング』ゲームでロックフィッシュを狙う【エヌテックマリン】ナブラ発生(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

予想通り30gのジグを投げると、1投目から大サバのヒットの嵐。

『スイミング』ゲームでロックフィッシュを狙う【エヌテックマリン】ソウダガツオゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ソウダガツオにツバス(イナダ)も交じって、あっという間に肩慣らしは終了となった。

オオモンハタ25cm登場

そして船は岸寄りの水深20mラインへ。30gのジグヘッドにエコギアバルト、パワーシャッドなどを装着しキャストして広範囲を探っていく。早々に志賀さんにヒット。あっさり25cmほどのオオモンハタを抜き上げた。

『スイミング』ゲームでロックフィッシュを狙う【エヌテックマリン】口火を切ったオオモンハタ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

幸先のいいスタートかと思ったが、後が続かない。数が出るはずのアカハタもポツポツといった感じで、今ひとつエンジンがかからない。雨も降ったりやんだりだが、時折スコールのような土砂降りにも見舞われる。

次のページで良型アカハタキャッチ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。