ボート『SLJ』ゲームで五目釣り堪能 メイチダイに大型根魚も【福岡】

ボート『SLJ』ゲームで五目釣り堪能 メイチダイに大型根魚も【福岡】

7月中旬、福岡県糸島市・岐志漁港からSLJ(スーパーライトジギング)、タイラバ、イカメタルで出船。大型根魚や高級魚メイチダイをキャッチした釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

壱岐沖でSLJゲーム

今回は、同じ釣りサークル「TOURIST」メンバーの尼崎さんのマイボートに乗船させてもらった。当日の予報では、午前11時ごろから波が高くなる予報だったので、少し早めの5時30分に出船し、沖合のポイントを狙う作戦である。

航程1時間、最初のポイントとなる壱岐沖に到着しSLJの準備をする。まったく風もなくとても釣りがしやすいコンディションの中、スタートフィッシング。

ボート『SLJ』ゲームで五目釣り堪能 メイチダイに大型根魚も【福岡】当日のSLjタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

タイラバで本命1kg級

最初は尼崎さんと同船者はタイラバ、私はSLJでスタート。若干根が粗いポイントであるが潮の流れも緩やかなので、ほぼジグも真っすぐにフォールし、着底も明確に分かりほとんど根掛かりもしない。水面にはカタクチイワシのようなマイクロベイトも見られ、かたや魚探を見るとびっしりベイトの反応が。

「これは食う!」と思った瞬間、同船者のタイラバにファーストヒット。一番おいしい1kgサイズのマダイ。ほぼ同時に尼崎さんのジグにもヒラゴがヒット。

間髪空けず、私のジグにも良型アコウがヒット!ポイント、ベイト、潮がリンクしていたのか久々に味わう入れ食いの感覚。周辺の根周りを流すたびにバイトがあり、改めてこの海域のポテンシャルを実感した。

SLJでアコウ50cm

その後、タイラバへのアタックが若干少なかったのと、時折扁平な形のスズメダイ系のベイトを何度も吐き出したことから、小魚とフォールを意識したSLJでの展開をメインに切り替える。

フォール中、巻き上げ時での弱いワンピッチ、たまにただ巻きも織り交ぜてみたり、釣れる時はいろいろ試してみたくなるもので、またその通りに釣れてくれたりと心地よい時間が経過していった。

同様の形状、ベイトが溜まっている根周りのポイントを数か所回り、アコウ、ヒラゴ、アラカブを中心にヒットを重ねていったが、圧巻は同船者にヒットした50cmのビッグアコウ。このサイズのアコウは久々であり、衝撃のサイズであった。

ほかに私としては初めての高級魚メイチダイをジグでヒットなど、魚種を問わず誘惑させるSLJの威力を改めて実感した。

ボート『SLJ』ゲームで五目釣り堪能 メイチダイに大型根魚も【福岡】初めての高級魚メイチダイがヒットした(提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

使用したルアー

今回は使用ルアーに関しては、メインにフラットライト30g・40g・50g・60gのジグを水深に応じて使い分けてみたが、当日のコンディションも相まってか、ヒットを連発させる要因になった。

1 フォールでのバイト数が多い点
2 あらかじめ専用フックがセットされていながらコストパフォーマンスも良い点
3 フックもスナップ連結でセットされており、フック交換も楽なことで時折フック交換も手早く行えて時合いを逃さない
4 〝狂鱗ホログラム仕上げ〟でベイトを演出する点

アオナ53cm浮上

また、少し深めの水深60~70mラインでは、ジグのウエイトを60gに上げ、着底間際を意識するとグッドサイズのアオナが連発した。同船者にはアオナでも53cmのランカーサイズがヒットし、ライトタックルでの引き味を存分に堪能した。

ボート『SLJ』ゲームで五目釣り堪能 メイチダイに大型根魚も【福岡】ビックサイズのアオナ(提供:週刊つりニュース西部版APC・山本智也)

次のページでイカメタルにも転戦!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。