近海ジギングでカンパチ・ネリゴ・ヤズの青物御三家キャッチ【飛竿屋】

近海ジギングでカンパチ・ネリゴ・ヤズの青物御三家キャッチ【飛竿屋】

7月下旬、長い梅雨がようやく終わり、福岡県福津市の飛竿屋で近海ジギングへ。小型ながらヒラマサ、カンパチ、ブリなどの青物をキャッチすることができた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

飛竿丸で近海ジギング

福岡県・津屋崎魚港「飛竿屋」を午前6時に出港した。約20分、水深40mのポイントで近海ジギングだ。

ポイントの魚探に映るベイトは多く、期待がもてる。開始1投目で同船者にヒット。1kg程度のヒラゴ(小型ヒラマサ)だ。ロッドが2人、3人と同時に曲がる。船尾(とも)に釣り座を構えた私にも同サイズがヒット。ライトジギングであるが、これはライトすぎる。フックを手早く外しリリース。

「夏マサ」らしくスリムだが強烈な引きを期待して、ジグのローテ―ションを行う。ミドキン→シルバー→ピンクと手早く交換して大型を誘う。しかし、釣れども釣れどもリリースサイズ。

5㎏超えヒラマサ顔見せ

船長はかなり細かく移動し、魚礁をラン&ガンしていくので、高活性な魚がヒットする確率が高い。私の感覚と似ているので、とてもジギングのリズムがとりやすい。船長が「ここは結構大きいのがおるもんね」と言ったポイントに来た。

期待を胸にワンピッチジャーク。すると、私ではなく同船者のドラグが鳴り、ロッドのバットまで曲がっている。「よー引く、巻けん」という声が上がる。無事に耐えてランディングしたのは5kgクラスのヒラマサだ。夏のヒラマサはサイズ以上に元気だ!

自分もこのサイズを期待して懸命にジャークするも、私にヒットしたのは3kgのアベレージサイズ。

近海ジギングでカンパチ・ネリゴ・ヤズの青物御三家キャッチ【飛竿屋】ヒットしたヒラマサは3㎏サイズ(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

そしてさらに移動すると、ここでも私ではなくミヨシの同船者に5kgオーバーがキャッチされた。

ネリゴ全員安打

その後の移動で、ネリゴ(小型カンパチ)祭りがあり全員安打。夏のネリゴは小さくても引きがよく食べておいしいうれしいゲスト。

近海ジギングでカンパチ・ネリゴ・ヤズの青物御三家キャッチ【飛竿屋】ネリゴ(小型カンパチ)のお土産も(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

船長から「これ以上釣れたらイケスに入らんよ」と、8時すぎまでにかなりの数が釣れていた。しかし、サイズに満足いかない私はジグをローテ―ションしてジャークを続ける。

ヤズ追釣し納竿

10時を過ぎて潮が下げ止まってしまい、アタリが減ってきた。暑さもありきついが、あきらめず誘うも釣れたのはヤズ(小型ブリ)。

みんなもアタリが減った11時すぎには休憩。お土産も十分なことから正午で早上がりとなった。今回はリリースサイズばかりだったが、これも釣りである。また次回に期待しよう。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
飛竿屋
出船場所:福岡県・津屋崎魚港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。