磯でのカゴ&ブッ込み釣りで本命『タバメ』手中良型アカハタも【上甑島】

磯でのカゴ&ブッ込み釣りで本命『タバメ』手中良型アカハタも【上甑島】

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の夜釣りで、タバメの食いが活発化している。7月下旬に釣行、ブッ込みとカゴ釣り二刀流での半夜釣行をレポート。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

鹿児島・上甑島でタバメ釣り

上甑島・里のタバメ(ハマフエフキ)は夏から秋にブッ込みやカゴ釣りでよく釣れ、2kg前後が平均。1~2kgのシブダイや500g~1kgのアカハタなども交じる。当日は午前1時に瀬上がりし、8時ごろまでの半夜釣り。現地の渡船「藤丸」で里港前の磯に下りた。

磯でのカゴ&ブッ込み釣りで本命『タバメ』手中良型アカハタも【上甑島】上甑島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

ブッ込みとカゴ釣りの二刀流

ブッ込みのエサはキビナゴやイワシで、カゴ釣りはオキアミボイル。カゴ釣りのまきエサには、夜の海でキラキラ光ってアピールする「夜釣りパワー」を混ぜた。

磯でのカゴ&ブッ込み釣りで本命『タバメ』手中良型アカハタも【上甑島】当日のカゴ釣り仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

ブッ込みでアカハタ&シブダイ

まずはブッ込みのサオ先にケミホタルを付けて投入し、カゴ釣りのスタンバイ。ウキには羽部分が付いて飛距離がでる遠投カゴサビキ、ハリはタバメのアゴをしっかりとらえるカット真鯛をチョイス。

サオ1本のタナを取り、20mほど先から探りを入れると、間もなくブッ込みのサオが曲がった。サオを起こすと、さほど大きくない。リールをテンポよく巻いて浮かせたのは700gほどのアカハタで、丸々と肥えている。アタリはブッ込みに連発し、500gのアカハタ、1kg級のシブダイと続いた。

カゴ釣りに2kg級タバメ

一方、カゴ釣りの快音は聞かれず、空が白み始めた時だった。ウキが勢いよく消え、ミチイトがバチバチと弾き出された。サオを立てて腰を落とすと、真下にグイグイ引っ張る。強引にリールを巻いて寄せると、2kg近いタバメが見え、そのまま抜き上げた。

磯でのカゴ&ブッ込み釣りで本命『タバメ』手中良型アカハタも【上甑島】丸々と肥えたアカハタと本命タバメ(提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

その後はブッ込みにアタリはなく、カゴ釣りでタバメ、アカハタ、オジサンを追加し、8時前に納竿。今回は大物こそ出なかったものの、どの魚もよく肥えていた。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出船場所:上甑島・里
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。