キス釣り定番ゲスト『メゴチ』の生態 よく似た『ヤリヌメリ』にご用心?

キス釣り定番ゲスト『メゴチ』の生態 よく似た『ヤリヌメリ』にご用心?

夏に楽しいキス釣りですが、その定番ゲストといえばメゴチ。実は食べると非常に美味しく高値で取引されることもあるサカナなのです。今回はあまり知られていないメゴチの生態に迫ります。

(アイキャッチ画像提供:photoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

『メゴチ』の特徴

メゴチとは、カサゴ目・コチ科に属する魚です。成長すると約20㎝前後の大きさになり、最大で25㎝程度まで成長することがあります。

茶色の体に大きくて白い背びれ、そして、押しつぶしたような体系をしているのが特徴でしょう。見た目の特徴としてはメゴチにはさらに大きな特徴があります。

カギ状のトゲ

メゴチはエラの部分が大きく出っ張っており、更にその先端には小さく枝分かれしたカギ状の棘があります。釣り上げてからメゴチに触れる時はこのトゲに注意してください。

安易に触れてしまうと皮膚が傷ついて出血をしてしまうこともあります。

ヌルヌルしたカラダ

メゴチにはもう一つ大きな特徴があります。それが体表面の「ヌルヌルした粘液」です。釣り上げたその瞬間からメゴチの体表はこの粘液に覆われるため、この性質もあってか釣り人からはあまり好まれません。

しかし釣具店では、棘やヌメりに対処するための「メゴチばさみ」という商品が販売されています。これを使えばトゲも怖くないですし、少し気持ちの悪いヌメリにも触れなくて済むので、釣りの際は1つ準備しておくのも良いかもしれません。

生息域

メゴチの生息地は北海道から九州まで広く、比較的浅い砂底を好んで生息しています。あまり馴染みの無いサカナかと思いきや、意外と身近な魚なのです。

食材として重宝されているのは三重県や静岡県、北陸地方の一部の地域だけだと言われています。中々見かけることのない魚ですが、スーパーに並んだ時は、案外安く買えることもあります。

キス釣りでよく出会う理由

キス釣りの外道としても知られるメゴチですが、よく釣れてしまうのは生息域や食性がかなり似ているからでしょう。両者とも、比較的浅い砂底に生息し、食性も肉食性です。

砂の中に潜むゴカイや小さな甲殻類などを好んで食べるため、キスを狙って釣りをしてもメゴチが釣れてしまうのです。

キス釣り定番ゲスト『メゴチ』の生態 よく似た『ヤリヌメリ』にご用心?メゴチ(出典:PhotoAC)

よく似た「ヤリヌメリ」に注意

メゴチと非常によく似たサカナに「ヤリヌメリ」というサカナがいます。

強烈な臭い

このヤリヌメリというサカナ、実は非常に厄介で、釣ってクーラーに入れてしまうと、悪臭を放って、クーラー内のすべてのサカナに悪影響を及ぼしてしまうのです。その臭いは例えるなら「腐った玉ねぎ」などと言われるほど。

見分け方

見た目が似ているメゴチとヤリヌメリですが、エラにあるトゲの形状で見分けることができます。メゴチはカギ状になっているのに対し、ヤリヌメリのトゲは返しのない針状になっています。

もし「メゴチっぽいサカナ」が釣れたら、鰓のトゲをよく確認しメゴチだと区別がついたものだけを持ち帰るようにしてください。

実はメゴチは『高級魚』

キスやハゼ、アナゴ、ギンポなどは古くから「江戸前天ぷら」のメイン食材ですが、メゴチも彼らに負けず劣らずなほど美味しいサカナです。高級料亭などでは「メゴチの天ぷら」は定番メニューと言えるほどよく出てきます。

また、メゴチの身は栄養も豊富で、良質なタンパク質に加え、ビタミンA、B、D、E、カルシウム、鉄、EPAやDHAを多く含んでいます。美味しくて健康にいいとなれば食べない理由はもはや無いと思えるほどです。

『外道』と忌み嫌わず、一度その味を確かめてみてはいかがでしょうか。

<近藤 俊/サカナ研究所>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。