今さら聞けないアジングのキホン:釣りやすい潮回りと月回りとは?

今さら聞けないアジングのキホン:釣りやすい潮回りと月回りとは?

アジングに適した潮回りについて。結論からいえば、一般的には、『中潮』だろうか。潮回りとアジの動きの関係をつかめば、もっと釣れるようになる。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

潮止まり時の狙い方

潮回りからは少し話が逸れるが、同じく「潮」に関して言うと、干満のタイミングで言えば、やはり満潮に向かう潮の方がその逆よりは釣りやすい。潮が上げてくるタイミングに乗って、アジが漁港内に入ってくるイメージだ。そして潮が引いていくタイミングに、漁港内から出て行ってしまう。というよりは、プランクトンがメインベイトのアジは潮に乗って動くプランクトンを追って、入ってきたり、出て行ったりするのだが…。

では、「潮止まり」ではどうか。この場合、アジは、表層かボトムに付くことが多い。というのも、自ら行動しないプランクトン(アジのベイト)は、水流に漂うまま、水面に浮かぶか、底に沈むかする。よって、潮止まりには表層、ボトムでアタることが多いので覚えておこう。

まとめ

まとめて言うと、アジングに適した潮回りは、やはり中潮だろう。それも、夕方から夜にかけて、満潮になる「上げ」のタイミングと重なる夕マヅメの時合いがベスト。アジングを始めたばかりで、とにかく一匹でも確実に釣りたいという人は、一度この条件でポイントを当たってみよう。そして、夜は定番の常夜灯下打ち。これで何らかの反応があるはずだ。

今さら聞けないアジングのキホン:釣りやすい潮回りと月回りとは?うまくタイミングを合わせてアジングしよう(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。