今さら聞けないアジングのキホン:釣りやすい潮回りと月回りとは?

今さら聞けないアジングのキホン:釣りやすい潮回りと月回りとは?

アジングに適した潮回りについて。結論からいえば、一般的には、『中潮』だろうか。潮回りとアジの動きの関係をつかめば、もっと釣れるようになる。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大潮アジングの落とし穴

アジは回遊魚で、潮に乗って移動する。プランクトンを捕食している魚なので、潮に流されるプランクトンについて回遊するのだと思われる。

今さら聞けないアジングのキホン:釣りやすい潮回りと月回りとは?アジはプランクトンを捕食している(提供:pixabay)

回遊魚と聞くと、釣りを知っている人なら、「大潮がベストだろう」と思われるだろう。確かに大潮はアジの活性が高い。しかし、その分アジはフィールドをあっちこっち動き回る。つまり、居場所を特定しにくいという難点がある。

これがボートアジングならともかく、ショアでアジングをしていると、大潮の日は干満のタイミングやマヅメ時などにしか釣れない…あまりにも釣れる時間が短い、ということが多い。これは、大潮の日は、速い潮流に乗って、アジが一瞬で通りすぎてしまうせいだろう。

小潮~中潮がベスト?

釣り場の条件として、普段から潮位が十分にあり潮通しがある程度いいところならば、ゆっくりと長く潮が動いてくれる小潮がもっともアジングがしやすい。そうでない場所は、潮がそれなりに動いてくれて、干満や時合いも絡んでよく釣れ、その後もぽつぽつとプランクトンについて残ったアジが釣れてくれる、中潮がやりやすいのではないだろうか?

今さら聞けないアジングのキホン:釣りやすい潮回りと月回りとは?小潮から中潮がベスト?(提供:pixabay)

若潮、長潮に関しては、個人的にはあまりよく釣れるイメージがない。若潮は潮が入れかわる(若返る、とも言われる)一日の潮なので、うまく群れに当たればポンポンと釣れることがある。しかし、長潮はその直前の、小潮回り後の古い潮が滞留しているような潮なので、あまり釣れる潮ではない、と思う。とはいえ、これは地域性もあるだろう。

『月回り』の考え方

潮回りと関連して、「月回り」とでもいうべきものがある。月の満ち欠けで、アジの動きがかわってくるのだ。

新月は釣りやすい

一般的にアジは、新月回りが釣れやすいと言われる。月のない真っ暗な夜は、アジングの定番メソッドである「常夜灯下打ち」で攻めるのがベスト。常夜灯の集魚効果が高く、アジが一定の場所に集まりやすく、ピンポイントで数釣りを楽しめる。

満月はイカも活性高

とはいえ、10~11月くらいのベストシーズンでは、月の満ち欠けはそこまで関係ないかもしれない。しかし、それでもどちらかといえば、新月の夜の方が釣りやすい。というのも、満月の場合、アジの天敵であるイカの活性が上がってしまい、若干群れ全体のプレッシャーが高くなるからだ。

次のページで『潮止まり時の狙い方』を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。