チニングで本命クロダイ低活性も良型マゴチが連発【静岡・奥浜名湖】

チニングで本命クロダイ低活性も良型マゴチが連発【静岡・奥浜名湖】

7月18日、最近ちょこちょこと通っている奥浜名湖へプチ遠征し、チニングを楽しんだ。キビレと良型マゴチがお目見えした釣行をレポートする。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

奥浜名湖でチニング

7月18日は雨から曇予報に変わり、最近ちょこちょこと通っている奥浜名湖へ河辺氏とプチ遠征だ。潮回りは舞阪表示で中潮(満潮午後5時13分109cm)。タイムラグが生じるため、満潮は恐らく午後8時前後と予想し、7時すぎに現地に着いた。

前回は雨後の濁りと微風、潮の流れもありとクロダイ率が高く、良型も釣れた。濁りの影響もあり警戒心が薄れていたのか、ファーストブレイクでアタリが多く出たので、今回も同じような潮回りで雨後でもあり、期待大で挑む。

50cm級マゴチがヒット

予想通り潮位は高く濁りも入っているが、今回は赤茶色に濁っている。まだ完全に日は落ちていないが、今回は10mほど先のブレイクブレイクを中心に狙うので、手返し重視でベイトタックルをチョイス。潮位が低くなってきたら沖をスピニングタックルで狙う。

まずはチヌ魂5g+ガルプインチホッグでスタートした。濁りも考慮して、ルアーとトレーラーはブラックで統一。シルエットをはっきり出す作戦だ。

数投目、ファーストブレイクの際で軽くスタックしたので、軽くリフトをすると着底と同時にズシッとくるバイト。ロッドがたたかれ、重量感もある。水面に浮かせるとなんとマゴチ。50cmほどのいいサイズだ。抱卵しているようなので、そっとリリースして再開。

チニングで本命クロダイ低活性も良型マゴチが連発【静岡・奥浜名湖】奥浜名湖でこんな良型マゴチが出るとは…(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

ズル引きでキビレをキャッチ

すっかり暗くなってルアーをカラーローテーションしながら撃ち歩く。スローにズル引いていくと、カッカッカッとそれっぽいアタリ。しっかりアワセを入れ、ファイトを楽しむ。ネットインすると40cmないぐらいのキビレだ。

チニングで本命クロダイ低活性も良型マゴチが連発【静岡・奥浜名湖】40cm弱のキビレ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

これを皮切りにバイトが出始める。少し離れた所で河辺氏もヒットするが、痛恨のバラシ。状況が悪いのか、すぐにもう一度掛けるもネットイン寸前でまたしてもバラシ。

食いが浅いのかと今度はフルフッキングしたら、ラインブレイクと散々だ…。私もショートバイトの連続で、なかなか乗せきれない。

マゴチ60cm級手中

歩きながらポイントを変えていると、少し離れた所で河辺氏にヒットしたようだ。ようやくタモが入る位置までくると、なんとマゴチ。それもかなり大きい。

チニングで本命クロダイ低活性も良型マゴチが連発【静岡・奥浜名湖】河辺さんもナイスなマゴチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和)

無事にネットイン。60cmないぐらいだが、浅場でこんな良型が釣れる奥浜名湖のポテンシャルにあらためて驚いた。

しかしこの日は無風ベタナギで、魚の活性も低くかなり蒸し暑い…。クロダイの反応も悪く、地元のエサ釣り師に話を聞くと渋いとのこと。

次のポイントへ着き、今度は沖を中心にチヌ魂7g+ガルプベビースクイッドで攻めてみるが、2人ともアタリもなく深夜12時を回った辺りで終了とした。

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
浜名湖
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。