釣りにおけるサカナの『取り込み』方法4選 バラシ防止の最重要項目?

釣りにおけるサカナの『取り込み』方法4選 バラシ防止の最重要項目?

魚釣りのフィニッシュといえば「取り込み」。やり方を間違うとキャッチ寸前で逃げられてしまう。今回は、そんな取り込み方4選を紹介。釣りや魚に合った取り込み法で、魚を確実に取りこもう。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

代表的な取り込み方法

魚を取り込む動作として、代表的なものが

・タモですくう
・竿で引き抜く
・糸を持って引き抜く
・フィッシュグリップでつかむ

といった取り込み方法だろう。

この取り込み方法を決めるのは、古くからの釣りの習わしであったり、釣りスタイルなど様々な要因が絡む。それぞれの取り込み方法について紹介しよう。

1.タモですくう

魚釣りでアイテムを使って魚をすくい取る定番は「タモ」を利用する方法だろう。これは波止や磯のフカセ釣りはもちろん、船からの釣りでも多用される。タモ入れをする魚の特徴としては、水面まで浮かせても水面より上には魚を上げないという点だ。

釣りにおけるサカナの『取り込み』方法4選 バラシ防止の最重要項目?フカセ釣りでのタモ入れ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

具体的には、ハリスや竿など水中にいる魚とのやり取りはできても、水面より上に持ち上げるパワーを持っていない釣り具を使った釣りである。また、タモですくった後に、タモに入れた魚を持ち上げることができる程度の魚がメインとなる。

柄の長さの決め方

そして、タモに付いている柄の長さの範囲内ですくえることが前提だ。たとえば、フカセ釣りで使用するタモの柄は2mクラスの短いものから、6~7mと非常に長いものまである。そんな柄の長さを決定するのは足場の高さだ。

足場は非常に高い防波堤などで釣ることを前提し、「この釣り場では○mクラスの柄が必要だ」と言った感じで釣り場に合わせて持参する柄をかえる必要がある。船や筏釣りなどでやや水面から釣り座までが低い釣りではあまり長い柄はかえって取り込みの邪魔になる。

取り込みの基本

タモですくう際のキホンは「魚をタモで追いかけないこと」である。タモは水面で枠を少し水に浸けた状態で手で持って固定して、そこに竿で魚を誘導する。常に魚を誘導するように操作する心構えが必要だ。

タモで魚をすくった後、柄を持って応援団の旗のように上げるのはタブー。魚の重みで柄が折れてしまうからだ。柄は垂直の状態で真っ直ぐ引き上げよう。

2.竿を使って引き抜く

波止などの釣りで竿で魚を引き抜くのは基本的に小型の魚である。竿が魚の重さを受け止めることができる釣りが前提で、波止などでは豆アジや小アジ、メバル、カサゴなどかなり多用される取り込み方である。ただし、同じ魚種であっても大物がヒットした際にはタモなどですくい取るのが無難。

釣りにおけるサカナの『取り込み』方法4選 バラシ防止の最重要項目?小物は竿で抜き上げOK(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

小物を狙っていても突然の大型ゲストがヒットしてしまい、どうすることもできない…なんてこともあるので、使用するかどうかは別にして、タモは用意しておきたいアイテムだ。

引き抜きのキホン

魚を竿で引き抜く際のコツとしては、竿の弾力を最大限に生かすことだ。小魚ならば心配はないだろうが、「抜けるかどうか…」という取り込みに迷うくらいの魚も多い。

そんな時は水面へ魚を浮かせて、魚が暴れなくなったら竿を45度くらいの角度でしっかりと曲げ込んでみる。そして、持ち上げる時に角度を維持しながら魚の重量を竿に乗せる。すると竿はさらに曲がり込んだ後、反動で魚を勝手に持ち上げてくれるため、その勢いを利用して陸上へ上げてしまう。

慣れてくると、かなり大きな魚でも抜き上げられるのだが、失敗して竿を立てた時に魚の重量が竿に掛かったりすると糸も簡単に折れてしまう。慣れない内は、大物が掛かればタモで取り込むのが無難だろう。

3.糸を持って引き抜く

竿で引く抜くかわりに手で糸を持ってそっと引き抜く方法は、船釣りなどでよく使われる。糸には十分な強度はあるが、魚の口が柔らかくて口切れで落ちそうな時(もちろん、タモ入れがベストだが…)などに利用する。

釣りにおけるサカナの『取り込み』方法4選 バラシ防止の最重要項目?船などに多い手での抜き上げ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

また、ライン、ハリには十分な強度を持たせているが、竿の強度は心配…といった状況下でも多用される。

抜き上げのコツ

竿で魚を浮かせたら、できるだけ手を伸ばして魚の近くの糸をつかんで抜き上げる、あまり、上の方を持つと、腕を大きく上げても魚が船上や波止に上がりきらない…ということもあり得るからだ。

また、直接糸を手でつかむのでできればグローブをしておきたい。特に重量のある魚を抜き上げる際は、糸が指や手の間で滑るのは避けたい。

次のページで『フィッシュグリップ』での取り込み法を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。