沖磯ビッグゲーム&フカセ釣りで42cmイサキに30cm超クロ【山口・下関】

沖磯ビッグゲーム&フカセ釣りで42cmイサキに30cm超クロ【山口・下関】

7月26日、山口県下関市豊北町にある「高瀬」という沖磯に釣行しました。ビッグゲームとフカセ釣りで良型イサキにクロ(メジナ)と、満足のいく釣果となったので紹介します。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・多賀英二)

多賀 英二

フカセ釣りメインでやっています。ターゲットはクロ、チヌ、タイです。山口県は北部、西部の磯や波止、大分、長崎、鹿児島など幅広くフィールドに足を運んでいます。釣り場であった際は、情報交換しましょう。国産ラインメーカーfathomのフィールドモニターとしても活動しています。

×閉じる

海釣り 磯釣り

三洋丸で「高瀬」に渡礁

今回の釣り場は、山口県の観光地にトップ入りする「角島(つのしま)」の近くです。港から渡船で約10分と、船酔いしやすい方でもおすすめな釣り場。渡船は、三洋丸さんを利用しました。

今回は5時に出船し、15時に納竿しました。渡礁できるポイントは下記の図のとおり。

沖磯ビッグゲーム&フカセ釣りで42cmイサキに30cm超クロ【山口・下関】ポイント図(作図:WEBライター・多賀英二)

北周りの風に弱く、瀬が低いので少し時化たりウネリがあると渡礁できないことがあります。一部を除いてほとんどの釣り座から、テレビCMなどで使われる角島大橋が一望できます。そして海も綺麗で魚も美味しいと魅力的な場所でもあります。

沖磯ビッグゲーム&フカセ釣りで42cmイサキに30cm超クロ【山口・下関】角島大橋を一望(提供:WEBライター・多賀英二)

タックル紹介

今回は2種類のタックルを用意。まず1つ目は「ビッグゲームタックル」です。このタックルは、魚種を選ばず楽しむために用意。

沖磯ビッグゲーム&フカセ釣りで42cmイサキに30cm超クロ【山口・下関】ビッグゲームタックル(作図:WEBライター・多賀英二)

そしてもう1つは、通常のフカセ釣りタックル。

沖磯ビッグゲーム&フカセ釣りで42cmイサキに30cm超クロ【山口・下関】フカセ釣りタックル(作図:WEBライター・多賀英二)

こちらのタックルでは、イサキやマダイなどをターゲットに釣っていきます。このポイントは水深があまりなく、タナは深くしても竿二本程なのでウキ止めをつけて釣りをしました。

使用するエサ

今回使用したまきエサは、オキアミボイルにキビナゴだけというシンプルなものです。キビナゴを入れたのは、ビッグゲームも同じまきエサを使用するためです。さしエサは、オキアミボイルとキビナゴを用意しました。

フカセ釣りではオキアミボイルを使用し、ビッグゲームではキビナゴを使用しました。オキアミボイルをまきエサに使用するときは、海水に浸ししっかり水分を含ませることが大事でしょう。

沖磯ビッグゲーム&フカセ釣りで42cmイサキに30cm超クロ【山口・下関】キビナゴを使用(提供:WEBライター・多賀英二)

当日の戦略

当日の状況と戦略についてご紹介しましょう。

当日の状況

当日は、「基本は沖狙い」ということを重視しました。潮がふらついていましたが、良いときは足元からサラシが沖に向かって出ていき、20~30mいったあたりで止まったり、左や右にふらつくというかんじでした。足元~手前はエサ取りが湧いている様子。

遠投するとエサ取りがいるものの、手前よりは少ないと感じました。潮通りが良くなると時折エサが残ることもありました。その時に良型のイサキやクロがヒットする感じ。タナを浅くするとサイズが出ませんでした。

当日の戦略

そこで、まずはウキを浮かせてタナを深くする戦略に。しかし、仕掛けを流して回収するとき二枚潮になっていることに気付き、00にジンタンを打ちウキごと沈ませることに。すると40cmオーバーのイサキが連発しました。エサ取りをかわす工夫で、足元8:沖2ぐらいの割合でまきエサを打ちました。この時期は沖にまきエサを打ちすぎるとエサ取りに苦戦することが多々あると思うので、これはかなり肝でしょう。

ビッグゲームでイサキ

朝一投目、ビッグゲームタックルで42cmのイサキが釣れ、その後は良いアタリが無く、小型のフエフキダイなどが釣れました。フカセタックルに持ち替え、昼過ぎにイサキが釣れました。そこから40cmオーバーのイサキ4枚と32.5cmのクロを頭に30オーバーが3枚バタバタと釣れました。

前半は釣果が上がらず苦戦しましたが、後半は釣りを楽しむことができました。とにかくエサが残り出したらチャンスです。良型が釣れる前はエサが残っていたので、それがヒントになりました。ウキを沈めて本命の潮を捉えて流したことも、好釣果に結びついたんではないかと思います。

<多賀英二/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。