渓流釣りでヤマメ&イワナ手中 増水時の攻略法とは?【名栗川支流】

渓流釣りでヤマメ&イワナ手中 増水時の攻略法とは?【名栗川支流】

埼玉県飯能市にある名栗川支流で渓流釣り。長い梅雨時期の増水による本流域釣行不可とダム湖上流域工事により限られた場所での釣りとなった。7尾の渓魚に出会えた釣行をレポート。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・竹内尚哉)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

湯基入でイワナ22cm

ダム湖上に移動するつもりだったが、バックウォーター周辺工事での常駐警備員に車を止められた。7月27日現在は、工事でダム上の支流へ行くことができないようなので、ならばと引き返して湯基入に向かった。すでに時刻は11時30分で、本日の後半戦勝負開始となった。

実積場所に向かうと、運よくアタリ、レギュラーサイズなイワナが早々と顔を出す。遡行して行き、次の場所では飢えていたのか1発目からガツーンと食いついてきたが、写真を撮る寸前に逃げられる。

期待の大場所では、アタリは遠くも少し粘っているとガッガッと突くような引き。アワせると心地いい手応えで引きを楽しんで、御用とすると22cmのイワナだった。満足したが、休憩がてら30分ほど座りながらサオを出して納竿とした。

渓流釣りでヤマメ&イワナ手中 増水時の攻略法とは?【名栗川支流】イワナも22cmが出た(提供:WEBライター・竹内尚哉)

気分良く退渓できたのはやはりいつものポイントで期待を裏切らずに釣れてくれた渓魚たちのおかげ。感謝である。今回は特に移動が多くて疲れる釣りであったが、『楽しければ全てよし』と、帰りの車でもニコニコしながら帰宅できたいい日であった。

渓流釣りでヤマメ&イワナ手中 増水時の攻略法とは?【名栗川支流】キープした魚の一部(提供:WEBライター・竹内尚哉)

釣行時の注意点(安全面)

現在は連日の雨により増水している状況なので、安全面を考慮して釣りをすることが重要だ。遡行する際は普段よりも慎重に1歩1歩踏み出していこう。さらに山の天気は急変するので雲行きが怪しそうな時は、雷雨の危険もあるので無理をせずに下山する事を心掛けたい。

渓流釣りでヤマメ&イワナ手中 増水時の攻略法とは?【名栗川支流】増水した河川では安全面も十分注意(提供:WEBライター・竹内尚哉)

<竹内尚哉/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
入間漁協

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。