ロックゲームで30cm超えキジハタ浮上 フォールに好反応【福井・敦賀】

ロックゲームで30cm超えキジハタ浮上 フォールに好反応【福井・敦賀】

6月27日、日本海エリアにおける夏のルアーフィッシングの代表的なターゲット、キジハタを狙って福井県の敦賀エリアに釣行した。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

フォールに好反応

ここで時刻は8時となり、いったん休憩を入れて次のポイントへ移動した。次は先ほどよりやや水深が深く、移動してからすぐにポンポンと3連発でキジハタがヒット。やはりめいっぱい遠投した先でのヒットで、全てフォールでのタイミングで食ってきた。

スイミングアクションにはバイトがないため、落ちてくるものに反応しているかも、とフォールアクションに優れるワームをセットした。

納得のキジハタ30cm浮上

ロッドで高く跳ね上げてフォールさせるアクションを繰り返していると、狙い通りにフォールでバイトがありヒット。

この日一番の引きで、リールを巻いてもドラグが空転する。根や海藻に潜られないようゴリ巻きでファイト。寄せてくると大きな口がポカンと見えてきて、無事キャッチできたのは陸っぱりでは納得サイズの30cmだった。

ロックゲームで30cm超えキジハタ浮上 フォールに好反応【福井・敦賀】当日最大は30cmの良型(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭)

口からタコを吐き出しており、スイミングアクションで小魚を模するより、リフト&フォールで底生のエサをイメージして動かした方が良かったのだと答え合わせができた。

キジハタのハイシーズンは7~8月

半日で8匹、良型も出たため十分楽しめた釣行となり、10時半に納竿とした。これから7~8月はキジハタの最盛期。アツい夏のアツいキジハタ釣りが今から楽しみだ。詳しい釣り方や実績ルアーなどは、私の勤務する岐阜市のCALYPSO(カリプソ)まで。

<週刊つりニュース中部版 APC・松尾尚恭/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年7月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。