リバーナイトゲームでシーバス&50cmナマズ手中【愛知・新川】

リバーナイトゲームでシーバス&50cmナマズ手中【愛知・新川】

6月20日、愛知県・大治町を流れる新川でナイトゲーム。シーバスを狙いつつ、水門付近でナマズ50cmオーバーとも対面できた釣行の模様をレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

新川でナイトゲーム

現地に到着したのは午後9時すぎ。下げ潮で数時間後に干潮を迎える状態のため、水位はそれほど高くはない。

リバーナイトゲームでシーバス&50cmナマズ手中【愛知・新川】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

デルタマジックSV-512.5gフックサイズ4番にアクア活メバルSTグラブ2inch(ナチュラルパールグロウ)をセットし、護岸の前の明暗部にキャスト。

セイゴ35cm顔見せ

周辺には少ないながらも小型のイナッコが集まっていた。コレはチャンスと、ダウンストリームにキャストして、表層レンジをスローのタダ巻きで探っていく。

だが水位も低いため、表層と思いきや時折底を引きずっているのが分かった。そこで、少し沖目を狙う。少しずつ移動しながら探っていると、アップストリームでアプローチした時、手元に魚の重みが乗った。アワセを入れてファイトに持ち込むと、小気味良い引きで35cmのセイゴが登場。まずは1匹といったところだ。

水門奥にナマズの気配

その後は反応がないので、上流へと移動していく。すると水門の奥でバフゥという捕食音。聞き覚えのある音なので、もしかしてナマズではと思い、トップウォータールアーに変更。水門の奥にキャストした。

手元に伝わる振動を感じながら誘い出していると、バフゥッと捕食音と同時に手元に魚の重みが乗った。ロッドを横に寝かせてスイープにアワセを入れて、ゆっくりとラインを巻いて水門から出す。

ナマズ50cmオーバー手中

水門から出てメインリバーに出たところで、追いアワセを入れてファイト開始。ナマズもその場でくねりながら抵抗を見せる。時折ドラグを鳴らしてラインを出して走っていくが、近くまで寄った瞬間を狙ってランディングネットでキャッチ。

リバーナイトゲームでシーバス&50cmナマズ手中【愛知・新川】魚へのダメージを最小限に(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

50cmオーバーのナマズだった。その後、反応がないので午後11時ごろに釣り場を後にした。

リバーナイトゲームでシーバス&50cmナマズ手中【愛知・新川】ナマズゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

今回は、1つの河川で海の魚セイゴ、淡水の魚ナマズをキャッチできた。生物の多様性がある素晴らしいフィールドだけに、いつまでもこの釣り場を残していきたいと思った。

<週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
新川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年7月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。