【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?

マイカ攻略の新たなスタンダードになっているオモリグ釣法。オーナーばりの今永さんと訪れた敦賀沖での実釣とともに、イカメタルとの使い分け最新攻略法を解説。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

エギのカラーローテで連発

さて、話を実釣に戻そう。

ボトム付近のマイカをオモリグで狙った今永さん。当初、チャート系の高アピールのエギでリサーチしたあと、DRAW4(ドローフォー)のカラーをクリア系に変え、当日1匹目のマイカをキャッチ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?新色ピンククリア/UVブルーでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そのまま釣果を追加したあと、マイカが警戒心を持つ前に、カラーをブラウン系に変更。ペースを落とすことなく、次々とボトムのマイカを攻略した。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?続いてブラウンタイガー/ゴールドホロで(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ルアーゲームにおいて、魚の活性を見極めつつ、カラーローテーションを行うのは基本だが、マイカゲームもしかり。ひと晩中、特定のカラーに偏食することもあるが、同じ色ばかり使っているとやはりスレてしまう。カラーの数だけ撃つ手が増えることを覚えておこう。

中層をイカメタルで狙う

やがて、集魚灯の効果が出始め、水深20~30mの範囲にベイトの集団が形成され始めた。このタイミングで今永さんは、テンポよく誘いを繰り返せるイカメタルに変更。スピーディーにレンジを探っていく。このとき使用したリグが、同社の「イカメタルの応用ダブル枝type」。枝ス2本仕様のこのリグは、レンジを広く探れるだけでなく、上の枝スが長さ5cm、下は20cmになっており、「今日は長短どちらの枝スが有効か」を見極められるようになっている。まさに、偵察を行うのにピッタリの仕様だ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?イカメタルに変更(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

誘い始めてすぐ、水深22mあたりでヒット。上がったマイカは長さ20cmの下の枝スに掛かっていた。そのまま様子を見るべく、同じレンジを探り続けると、すぐにヒット。再び下の枝スに掛かっていた。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?長さ20cmの枝スにヒット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ここで、今永さんは長めの枝スが有効と判断。リグを枝ス長20cm、シングル枝ス仕様の「イカメタルの基本エギ用」に変更。リグはそのままでもよかったが、シングル枝スのほうが、

・仕掛けが流されにくいぶん、軽い鉛スッテを使えること
・イト絡みのトラブルも少ないこと

という利点を優先した。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?リグを使い分けよう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

オススメ仕掛けは、イカメタルの応用(各タイプ)・イカメタルの基本(各タイプ)だ。

浅ダナで連発に!

ここからは、いわゆる「イカメタルらしいゲーム」に突入。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?船中で続々と良型マイカ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

水深20m前後の浅ダナで良型から食べごろサイズまで、ドシドシヒットしてきた。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?良型をキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

6月前半ごろまでの同海域は、忍耐が必要なステイ中心のボトムの釣りが主流だったが、マイカの群れもすっかり入れ替わったようで、積極的な誘いによく反応し、掛け損なってもうまくフォローアクションを入れれば、再びアタックしてくる楽しい展開となった。

使用したスッテは、同社のレベルスッテ15~20号。この鉛スッテは重心が前方にあり、頭をやや下に向けて沈む。フォール中もカンナが進行方向を向いているので、アタックしてきたイカの足を、ハリ先がオートマチックに捉えてくれる優れものだ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?レベルスッテの新色青リンゴでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

また、「レベル」の名の通り、テンションフォール時にフォール速度を加減することで、水平姿勢(レベル)で沈下させることができる。水平姿勢は、リアルなベイトの動き。当然イカ達の食指を刺激するのだ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?新色のブラックインパクトでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

オススメのスッテはレベルスッテ8~25号(※2020年新色追加は15~25号のみ)だ。

その後、今永さんは手を変え、品を変え、カラーを変え、どんどん釣果を追加。風雨が激しいタフ条件だったが、雨天&曇天はマイカ釣りの味方。空が暗いと集魚灯の効果が倍増し、マイカが浮きやすくなるのだ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?雨ニモ負ケズにヒット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

もちろん、大粒の雨や強い風は、ロッドティップを叩き、アタリをわかりにくくする。しかし、そんな時こそレベルスッテの出番。先述のとおりフォール中にフッキングのきっかけを作ってくれるので、フォール時のアタックが拾いにくいときも、マイカの足にカンナを突き立て「ご主人!フッキングよろしく頼みます!」とばかりに、ロッドティップを返してアタリを伝えてくれるのだ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?フォールの釣りに強いレベルスッテ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

次のページは「〆の大物狙い」へ!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。