【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?

マイカ攻略の新たなスタンダードになっているオモリグ釣法。オーナーばりの今永さんと訪れた敦賀沖での実釣とともに、イカメタルとの使い分け最新攻略法を解説。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

オモリグの応用的活用法

では、ここからは応用テクニックの話。開始直後、キャストを始めた今永さん。先述の通り、広範囲に探るのが目的だ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?キャストして広く探ってみよう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

着底後、投入点から手前まで、リグを寄せて探るわけだが、この際に、潮流を利用して、エギをドリフトさせるのも有効な誘い方だ。(下イラスト参照)

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?オモリグ操作の応用(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

また、上のイラストで図示しているとおり、キャスト後は、誘うたびにリグが手前に寄ってくる。誘いを止めてステイしている間も、リグ自体がカーブフォールするため、エギもこれに引かれて動くので、横軌道のアピールになり、かつハリスも張っているのでアタリが取りやすく、次の誘いに移るまで、ハリスが張るのを待たなくてもよい。

ここで、狭いレンジを広範囲に探りたい場合は、シンカーの沈下速度を考慮に入れ、誘い1セットあたりのシャクリ巻く距離を短くし、ステイ(フォール)の間を長めにとる。 いっぽう、斜め上方向に広いレンジを探りたい場合は、誘い1セットでシャクリ巻く距離を長くし、ステイ(フォール)の間を短くとる。 こうした手法を使い分け、点在しているマイカを3次元で広く探索していこう。

オモリグのリグについて

最後にリグの話。

オモリグは、大きく分けるとショートハリス仕様とロングハリス仕様がある。ハリスが長いほど、エギとシンカーの間合いが取れるので、イカに警戒されにくく、フォールの幅も広くとれる利点がある。ただし、ハリスが長いほど張るのに時間が必要で、繊細なアタリがとりにくくなる。

ゆえに、ロングは潮が速いとき、ショートは潮がゆるいときに使用するのが原則だ。 また、いずれの仕様にしても、絡みにくいことが大切な要件。エステルなど張りの強いラインが使われ、ハリスと親子サルカンの接続部は、しっかりしたパイプでアシストされているものがベストだ。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?からまんオモリグリーダー(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

オススメの仕掛けは、からまんオモリグリーダー(各タイプ)だ。

今回の釣行で使用したオーナーばりの「からまんオモリグリーダー」は、ダブルクレンタイプの「SW船リグスナップ」を使用。さらに、同スナップとハリスの接続部分をダブルラインにし、硬質タイプのチューブで覆っている。ハリスがシンカーやリーダーに絡みにくいため、ビギナーには扱いやすく、ベテランの高度な誘いにも、トラブルを最小限に抑えて追従してくれる。

ラインナップも、エギ単体で扱う「シングル」と、上部にエギや浮きスッテを装着するための枝スが付いた「ダブル」、この枝スが2本付いた「トリプル」があり、シングルとダブルについてはハリス長100cmの遅潮用、同150cmの速潮用もあって、総勢5つのラインナップだ。

次のページはオモリグ&イカメタルでマイカ連発!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。