【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?

マイカ攻略の新たなスタンダードになっているオモリグ釣法。オーナーばりの今永さんと訪れた敦賀沖での実釣とともに、イカメタルとの使い分け最新攻略法を解説。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

オモリグでボトムの大型狙いへ

さて、当日の釣行もいよいよ終盤へ。

水深15~20mの浅ダナとボトム付近で入れ替わり立ち替わりマイカが上がっていたが、今永さんはオモリグでのボトム狙いに変更。オモリグはサイズ狙いの手法のひとつ。シンカーを重くすれば、大型のエギが使える(※注1)ほか、長いハリスによるフワフワしたエギの動きが、ゆったりした動きを好む大型マイカの食性にマッチするからだ。

(※注1)当日はそのままDRAW4(ドローフォー)の2.5号を使用した。

オモリグを投入してしばし、アベレージサイズも乗ってきたが、ラスト1時間の間に、今永さんはポンポンと大型マイカを連発。最後はサイズで締めくくるという、出来過ぎのストーリーで沖上りを迎えることができた。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?狙い通り大型マイカをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

さらにサイズアップ!

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?さらにひと回り大きなマイカ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

さて、悪天候に苦しめられた今釣行だったが、今永さんの釣果は51匹。堂々ダントツのサオ頭で、豊漁丸名物のチャンピオンステッカーをゲットした。

【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?今永さんの当日の釣果は51匹(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

最後に、当夜も敦賀沖で一番のマイカスポットに連れて行ってくれた同船船長への感謝の言葉で本稿を締めくくりたいと思う。

「おおきに、おおきに、ありがとうございます。感謝、感謝です(*^_^*)」

▼問い合わせ
株式会社オーナーばり
電話0795(22)1433
メーカーHP・・・http://www.owner.co.jp/

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:豊漁丸渡船
【若狭湾2020】オモリグ&イカメタル使い分けて竿頭 最新攻略術とは?

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。