【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?

【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?

宮城県の恵まれた海では、春夏秋冬それぞれの季節で、多彩なターゲットが顔を見せてくれます。宮城県で釣りを始めてみたい方に向けて、オススメのオフショアゲームを3つ紹介します。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・阿部慶行)

阿部 慶行

・OceanRuler FIELD TESTER ・Mustad PROSTAFF ・VARIVAS FIELD TESTER ・fishingteam 漢SAKANA HUNTER所属 東北地方を拠点にロックフィッシュメインで釣行しており、北は北海道、南は九州とどこにでも行っちゃいます。その他ジギングでの青物やサーフからのフラットフィッシュを楽しんでおります。三度の飯より釣りが大好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

仙台湾名物のカレイ

ルアーで狙う宮城県下の沖釣りオススメターゲットの一つ目はカレイです。カレイは、皆さんご存知の通り、昔から日本人になじみの深い魚で、塩焼き、煮付け、刺し身など食卓で並ぶことが多い魚の一つですよね。お土産にしても喜ばれる魚なのでオススメのターゲットです。

夏~秋に狙えるカレイ

仙台湾は基本的に広大な砂地が広がっており、沖に出ると水深は50m前後あります。夏から冬にかけては、多くのカレイ釣り師が船釣りを楽しんでいます。私は夏のカレイ釣りが好きなのですが、エサで狙うのも良し、ルアーで狙うのも良しと、とても幅が広い釣りになります。

【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?夏カレイゲームが面白い(提供:WEBライター・阿部慶行)

ワーム利用が有利

「エサがどうしても苦手」という人でも、ルアーを使用して釣れます。ルアーの場合は断然ワームが有利。イソメの形をしたワームをカレイ専用の仕掛けにチョン掛けし、誘い方はエサ釣りのように底をオモリで小突いて誘い、時に大きくリフトして誘ったりと、これまたゲーム性のある釣りで、とても奥が深いです。

【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?ゲーム性も高い(提供:WEBライター・阿部慶行)

モンスター級が狙えるロックフィッシュ

冬の宮城県は雪が降りますが、そんな寒い季節だからこそ狙えるのがロックフィッシュ。

アイナメ・ソイがメイン

冬になると親潮が北から流れてきて水温が下がり、ロックフィッシュが過ごしやすい水温になることで狙いやすくなります。この時期の水温は例年なら6~15℃になり、結構冷たいです。

釣れてくる魚は代表的なターゲットであるアイナメ、ソイ。宮城県を代表するロックフィッシュの2大ターゲットです。ソイに関してはベッコウゾイ、クロソイ、マゾイが釣れ、サイズも巨大なモンスタークラスを狙いやすくなります。

【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?ロックフィッシュは大型が魅力(提供:WEBライター・阿部慶行)

ロックフィッシュのシーズン

ロックフィッシュの中でも、シーズン別に狙いやすい魚は以下の通りです。

10~1月:アイナメ、ベッコウゾイ狙いでシャローエリア(水深2~10m)
1~4月:クロソイ、マゾイでディープエリア(水深20~60m)

どの魚も50~60cm級のモンスタークラスが狙えますので、ぜひその引きを堪能してほしいです。60cm級ともなると滅多に釣れませんが、夢のある釣りであることは間違いありません。

【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?夢の60cm級を狙え(提供:WEBライター・阿部慶行)

ロックフィッシュ用タックル

使用するタックルも専用のロックフィッシュロッドと汎用リール、テキサスリグやジグヘッドを使用したワームフィッシングですので、誰でもが入門しやすい釣りです。誘い方はリフト&フォールやジグヘッドによるスイミングなど、いろいろあるので、その時の状況に応じて誘いをかえることで魚と出会える確率もグンとアップしますよ。

食味絶品のマダラ

マダラも冬を代表するターゲットです。冬の冷えた身体を温めるタラ鍋でおなじみ、ヒゲの生えた愛くるしい顔をした魚です。

【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?中深海の代表ターゲットはマダラ(提供:WEBライター・阿部慶行)

釣ったばかりのマダラは食味も淡白で臭みもなく、最高に美味しい。そして運が良ければ白子が入っているため、それをおつまみに晩酌できれば、「釣りをしていて本当に良かった」と感じます。

マダラのシーズン&タックル

マダラの季節は12~3月がメインになり、狙う水深は60~200mのディープエリア主体の釣りになってきます。使用するタックルはジギングタックルとジギングリールで、100~200g前後のメタルジグを使用します。

【宮城2020】沖のオススメ「ルアー釣り」3選 カレイもルアーで狙う?100~200gのジグを使用(提供:WEBライター・阿部慶行)

マダラの釣り方

釣り方としては、底をネチネチ叩いたり、底からシャクりながらレンジを上げていったりと、これまた様々。マダラは捕食しているベイトにより遊泳層がかわるので、誘うレンジをいろいろ試すことで、ヒットの確率が上がってきます。

マダラはサイズが1mにもなる魚で、重さも10kgオーバーが釣れたりするため、あの重みのある引きをぜひ堪能していただきたいです。やはり食べても美味しい魚は狙う価値がありますからね(笑)。

宮城県でオフショアゲームを楽しもう

今回は特に宮城県沖でオススメのオフショアフィッシングターゲットを紹介させて頂きましたが、この他にも夏の青物、ヒラメやマゴチなども船で狙えるので、ぜひ足を運んでいただき、宮城県の豊かな自然と元気な魚たちとの出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<阿部慶行/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。