【2020】東京湾ルアータチウオ入門 タックルから釣り方まで

【2020】東京湾ルアータチウオ入門 タックルから釣り方まで

東京湾で人気のルアータチウオ。船からジグを使用してタチウオを狙う釣り方だ。タックルや釣り方について解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:渡辺釣船店)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ヒットから巻き上げ

海面に向かって泳ぐことの多い魚なので、ヒットしたものの、巻き上げ中にフッと軽くなることがある。そのため、竿の曲がりを保ったまま一定の速さで巻き上げる。

注意点は、巻き上げ中に軽くなっても巻くのを止めないこと。たるんだリーダーがタチウオの口に触れてスパっとハリスが切れる原因になる。

【2020】東京湾ルアータチウオ入門 タックルから釣り方まで鋭い歯に注意(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

取り込み

海面近くでも上方向に泳ぐので、勢いよく抜き上げるのがいい。抜き上げたらフィッシュグリップなどを使い、必ず口の近くをつかんでフックを取り外す。

初心者でも手軽に挑戦できるルアータチウオ。是非チャレンジしてみてほしい。

<週刊つりニュース関東版/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年7月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。