【大阪2020】ライトゲームのワームカラー選択法 3つの状況別に考察

【大阪2020】ライトゲームのワームカラー選択法 3つの状況別に考察

波止ライトゲームで使うワームは、使用するタイミングで効果的な色が異なる。筆者は場所や水色(すいしょく)が関係すると思っている。大阪湾近郊における、条件ごとのカラーセレクトについて考察してみよう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ジグヘッド重量も関係

ちなみに、どの色を試しても釣れないときには、ジグヘッドの重さが間違っている可能性が高い。一度、限界まで軽くするか、ボトムにいかない程度にまで重くして、魚の反応を見てみよう。

私の印象では、潮回りとその他条件にかかわらず、大阪南港、阪南、須磨以西といったポイントでは、南港はグロー系、阪南(特に泉南)は金ラメ、須磨以西はチャートが効くように思う。よかったら参考にしてみてほしい。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。