東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】

東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】

こんにちは。利水つばさです。6月9日(火)、東京湾金沢八景の荒川屋からLTアジに挑戦してきた模様をお届けします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 利水つばさ)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

荒川屋でLTアジ

受け付けのあと船に乗り込んで、船長から釣り方の基本を教えてもらいます。海面からビシまでの指示ダナ+仕掛けの長さぶん下ろしたら、シャクりながら指示ダナまで巻き上げるというシンプルなもの。

東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】LTアジで出船(提供:週刊つりニュース関東版 利水つばさ)

定刻の7時30分に出船。快晴の下、15分ほど揺られてポイントに到着。投入OKのアナウンスのあと、1つ1つ丁寧に釣り方の流れを確認。付けエサは、イカの切り身を赤く染めてこまかく切った赤短と青イソメ。コマセはイワシのミンチです。

東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 利水つばさ)

まず、赤短をハリにそれぞれ付け、ビシカゴにコマセを入れて準備完了です。

指示ダナ合わせて本命ゲット

指示ダナは15mなので、17mまで下げたら竿をシャクりながらコマセをまいて2m巻き上げ。待っていると最初のアタリがきました。ブルブルブルッと小気味いい引きで、かわいいサイズのアジ。

毎回、釣りをして思うことは、「その日最初のアタリと1尾目は、とにかく感動するなぁ」ということ。「よし!この調子でどんどん行くぞ~」エサをチェックしてコマセを詰め直したら投入。

一連の流れを終えてタナに合わせると、またすぐにグングンッ。先ほどより少し強めの引き。焦らずゆっくり巻き上げると2点掛け。

東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】2点掛けでにっこり(提供:週刊つりニュース関東版 利水つばさ)

「やった、嬉しい」次は大きなアジが釣れるように心を込めます(笑)。

イソメにエサ変更で追釣

でも次の投入ではアタリがきません。2m下げて、もう一度誘い上げたけどダメ。きょうのアジはとても気分屋さんのようです。

「そっちがその気ならこちらにも考えが……」。付けエサを1cmほどにカットした青イソメに変更。期待していると、ブルブルブル……。きました、きました。

東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】アジ追加(提供:週刊つりニュース関東版 利水つばさ)

じつは、最近まで苦手だったイソメ。なんとか触れてハリ付けできるまでに成長しました。このあと、入れ食いとはいかないまでも、飽きない程度に釣れてきます。

しかし、しばらくするとアタリが遠くなってしまいます。「魚はいるはずなのに……」このとき意識したのは、しっかりとタナを合わせること。船長と相談しながらタナを探していきます。

すると、2m下げた17mで待望の反応。やがて、この日一番の大きな引きがやってきます。「これは大きそうだ」と慎重に巻き上げ開始。ハリスをつかんで抜き上げたのは体高のある良型。

ラストは良型サバキャッチ

残り40分。船長から「サバが回っていますよ」のアナウンス。どうせなら美味しいサバも連れて帰りたい。一定のリズムで手返ししていきます。残り5分となり「なんとかきてください。魚の神様お願いします」と、心のなかで祈ります。

すると、ググググイグイグイグイ。えっ?リールからミチイトがどんどん引き出されていきます。「これはもしかして。よーし力比べだ」。ドラグを少し強めて、ゆっくり巻いていきます。残り1m。海中にキラキラと光りながら走るサバの姿。ハリスをたぐってタモ取り成功。沖上がりの時間になりました。

<週刊つりニュース関東版 利水つばさ/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:荒川屋
東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年6月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。