【大阪2020】ライトゲームのワームカラー選択法 3つの状況別に考察

【大阪2020】ライトゲームのワームカラー選択法 3つの状況別に考察

波止ライトゲームで使うワームは、使用するタイミングで効果的な色が異なる。筆者は場所や水色(すいしょく)が関係すると思っている。大阪湾近郊における、条件ごとのカラーセレクトについて考察してみよう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

    ×閉じる

    ソルトルアー ショア

    1.水色によるカラーセレクト

    水色(すいしょく)がきれいなポイント、例えば須磨以西や阪南では、基本的にクリアを推奨する。特にデイゲームでは、派手な色は違和感がある。真っ昼間にピンクのワームを澄んだ水中に落として見てみると、「これは食わないな」と思うはず。ハイアピール系を好むカサゴやハタなどは、このようなド派手なソリッドカラーに飛びつくのだが…。

    では、反対に水色が濁り気味のポイント、たとえば大阪南港では、派手系のワームがいいのか?これも、一概にそうとはいえない。デイに釣れるアジは、クリアに反応することが多い。夜になると、ラメが入ってないナチュラルすぎるクリアカラーへの反応は落ちる。

    「チャート、グロー系」をメインに組み立てるのが、大阪南港の夜の一般的な釣り方だろう。

    しかし、やはりいつでもどこでも、最初はクリアを投入するのが良いと思う。この色を嫌う魚はいないように思う。そのあとで、反応を見ながら目立ちにくいカラーから派手系カラーへとシフトしていく。これが、魚をスレさせずに順序良く攻めていくための、基本的な戦略となる。

    【大阪2020】ライトゲームのワームカラー選択法 3つの状況別に考察最初に投げるべきはクリアカラー(提供:WEBライター・井上海生)

    2.マヅメ時のカラー選択

    マヅメには、アジ・メバル等のライトゲームのターゲットは、キラキラ光るワームに反応が良いと言われる。特に夕マヅメの時合いは、全国どこでも赤ラメが効果的だと言われる。大阪近郊のライトゲーマーである私の印象としても、夕マヅメに赤ラメが通用しない場所はほぼない。これは夕陽が赤いのと関係しているのかもしれない。

    ただ、「赤ラメがベスト」とは言えない場所もあるので、いろいろと試してみるべきだ。例えば、泉南の夕マヅメには、グリーン系の金ラメがなぜか圧倒的に好反応である。

    【大阪2020】ライトゲームのワームカラー選択法 3つの状況別に考察夕マヅメにはラメ系が効果的(提供:WEBライター・井上海生)

    朝マヅメはクリアを推奨する。クリアでもラメが入っているものに反応が良い気がする。アミパターンのときにもクリア系は効果的なカラーだ。シラスベイトを追っているときは、やや白っぽいクリアがマッチ・ザ・ベイトか。

    3.光量に合わせたカラー選択

    新月の夜に定番の常夜灯周りを打つなら、ワームのカラーはクリア系が基本となる。あえて闇テトラや闇波止から潮のヨレを打つなら、チャート系は欠かせない。大阪南港は常夜灯打ちできる波止がほとんどないので、チャート系の出番は多い。つまり、ナイトゲームはチャート、グロー系を中心に何色か用意しておくことをオススメする。

    【大阪2020】ライトゲームのワームカラー選択法 3つの状況別に考察チャート系は闇場所に効く(提供:WEBライター・井上海生)

    月回りによっても、ワームカラーをよく考えるべきだろう。たとえば、満月のような月夜に最もはっきりとシルエットが出るのは、ソリッドカラーらしい(特に、白、黒が強いそうだ)。よって、そのポイントの魚がマイクロベイトを食べているときには、ソリッドカラーが効果的だ。

    ここまでの考え方を整理すると、大阪近郊のライトゲームでは、まずクリアのワームをいくつか優先的に集めた方がよさそうだ。夜が中心になるアジングにおいては、次にグロー系。時合いが絡むなら赤ラメもマスト。意外に、チャートは一種あれば事足りる。

    次のページでジグヘッドの重量について

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。