マイボートで『マダコ&マダイ』リレー釣行 両本命を手中に【兵庫】

マイボートで『マダコ&マダイ』リレー釣行 両本命を手中に【兵庫】

6月後半、マイボートで「エギタコ釣り」「チョクリマダイ釣り」のリレー釣りに行ってきました。本命と対面できた釣行をレポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

ボートでマダコ&マダイ狙い

今回の狙いは、二見沖のマダコと家島諸島・男鹿島沖のマダイです。

マダコは潮が止まる前後の、流れが緩いときが狙い目。あの身体ですから潮の速い時はじっとして、緩い時に摂餌活動をします。

二見沖では、潮汐より影響力の大きい明石海峡の転流時刻を目安にします。この日は午前8時半過ぎに潮が止まるので、6時から8時までがマダコを狙う時間帯です。そして、マダイ狙いでは、家島周辺の満潮が午前8時で、おそらく時合いとなるのは下げ七分で10時くらいではないかと思い、9時にポイントへと移動します。

二見沖から男鹿島までの航程は約50分。8時過ぎに移動開始するスケジュールです。男鹿島のマダイは、下げ潮で釣りやすくなります。二見沖で上げ潮の潮止まりまで釣って、男鹿島へ移動してのリレー釣りの組み立てがこの日はうまくできました。

まずは明石二見沖でマダコ釣り

6時に二見沖のポイント着。明石沖にはタコ釣りの規制エリアがありますが、境界線のさらに2海里以上沖です。乗合船はカンタマなどの深場のポイントに行っているのでしょう。土曜日でも周囲は空いています。この日の釣り場は水深18mと釣りやすく、お気に入りのポイントです。

タコエギは、このところマイブームの白色系ですが、ひとつ新兵器で、グローの怪しく光るワームを集寄として付けています。これがどのくらいの効果があったかは不明ですが、当日の短時間釣果からすれば怪しげな発光体は、かなり仕事をしたようです。

マイボートで『マダコ&マダイ』リレー釣行 両本命を手中に【兵庫】当日使用のエギとワーム(提供:WEBライター・丸山明)

マダコ1.8kgをキャッチ

朝の北風とまだ速い潮の流れで釣りづらいながらも、良いペースの型物が続きます。前アタリでヌンと重みを出してエギを触りにくるので、1、2、3、4、5と待ってアワセを入れると、「ズンッ!」と手ごたえのある重みを感じます。これぞ、マダコゲームの醍醐味です。

800gサイズから1kg前後が続き、ニコニコ顔に一番の重みが出て、手に力が入る巻き上げで、1.8kgの久しぶりの型物が釣れました。

マイボートで『マダコ&マダイ』リレー釣行 両本命を手中に【兵庫】マダコの重量感を満喫(提供:WEBライター・丸山明)

アタリが続きますので、エギのカラーをかえることなく、早めに小刻みに誘いを入るエギの動きに反応を示してきます。朝2時間弱の第1ラウンドは、300~1800gを12ハイと、これで沖上がりでも良いような十分な釣果に恵まれました。

次のページはマダイ釣りへ転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。