『放課後ていぼう日誌』作者が九州豪雨で被災 執筆の継続困難で休載に

『放課後ていぼう日誌』作者が九州豪雨で被災 執筆の継続困難で休載に

秋田書店は、漫画『放課後ていぼう日誌』の作者・小坂泰之氏が、九州南部の豪雨で被災したことを発表しました。同社Twitterでは、漫画の連載について「ヤングチャンピオン烈No.8(7月21日発売)から休載させていただく」としています。

(アイキャッチ画像引用:水産庁)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

『放課後ていぼう日誌』作者が被災

秋田書店は7月6日、テレビアニメも放送中の漫画『放課後ていぼう日誌』の作者である小坂泰之氏が、九州南部の豪雨で被災したことをに発表。「ヤングチャンピオン烈No.8(7月21日発売)から休載するとしています。

7月6日時点で、作者の小坂泰之氏に怪我はないようですが、執筆を継続できる状況ではないとのことです。

秋田書店Twitterでのコメント

九州南部の豪雨被害を受けて、秋田書店は以下のコメントを発表。

『秋田書店を代表し、このたびの九州南部の豪雨で被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。「放課後ていぼう日誌」は南九州の美しい自然や人々に並々ならぬご協力を頂いて描かれています。未だ心配な状況が続いておりますが、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。』

放課後ていぼう日誌の舞台は熊本県芦北町。物語の主人公となる女子高校生の鶴木陽渚(つるぎ ひな)が、引越し先の熊本を舞台に、次第に釣りの魅力に引き込まれていくストーリーです。作中には九州の美しい自然が模写されることも多く、今回の豪雨被災の影響を強く受ける形となりそうです。

テレビアニメは7月から再開

一方、新型コロナウイルスの影響を受けて、第4話以降の放送および配信を延期していたテレビアニメ「放課後ていぼう日誌」については、7月から放送・配信が再開されています。第1話を7月7日(火)から再放送、第4話以降は7月28日(火)から放送となります。(引用:TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト

漫画版の休載は残念ですが、テレビアニメ版の復活はファンにとって朗報なのかもしれません。

水産庁とのコラボにも注目

また、テレビアニメ「放課後ていぼう日誌」と水産庁がタイアップした取り組みも。「遊漁のルールとマナー」に関するパンフレットをリニューアル、イラストはパンフレットのための描き下ろしとなっています。

『放課後ていぼう日誌』作者が九州豪雨で被災 執筆の継続困難で休載に水産庁とタイアップ(引用:水産庁

パンフレットは水産庁のWebサイトからダウンロード出来るほか、イベントや講習会、全国の釣具店で7月上旬から無料配布されるようです。(引用:『TVアニメ「放課後ていぼう日誌」と一緒に遊漁のルールとマナーを学ぼう』

釣りへの興味の有無関係なく、このコラボをきっかけに、より多くの人が遊漁への理解度を深められると良いですね。

新型コロナウイルスによる社会情勢の変化に加え、豪雨被害と苦難が続く同漫画ですが、今後の動きにも要注目です。

<田口・TSURINEWS編集部>

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。