玄界灘ボートエギング堪能 アオリイカ合計12杯【博多MASAMUNE】

玄界灘ボートエギング堪能 アオリイカ合計12杯【博多MASAMUNE】

5月17日、長潮、干潮午後0時40分、曇りのち晴れ。良型のアオリイカを求めて遊漁船・博多MASAMUNEでボートエギングに行ってきた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

玄界灘でボートエギング

前日大雨が降っていたこともあり、水中は濁っていた。霧もすごく、ポイントに到着すると船同士の間隔もあまり分からないような状況だった。

船長と海の状況を見て相談し、まずは10m前後の比較的深い場所を攻めてみることにした。

玄界灘ボートエギング堪能 アオリイカ合計12杯【博多MASAMUNE】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 大須賀陽士)

1流し目から船中1.7kg級

1流し目、同船者にヒット!上がってきたのは1.7kg級のアオリだった。ヒットした状況を聞いてみると、底付近でのアタリのようだった。そして、何度か船を流し直すものの釣れなかったため、ポイントを少し変えてみることにした。そうすると、再び同船者にヒット!こちらも先ほどと同様に底付近でのヒットだった。

1人だけ連続で釣っていたのでエギを確認すると、ケイムラのカラーだったため、ケイムラに変更してみるが、何度か流してみるものの私にはヒットしなかった。

玄界灘ボートエギング堪能 アオリイカ合計12杯【博多MASAMUNE】大型をキャッチした林さん(提供:週刊つりニュース西部版 大須賀陽士)

浅場で小型ながら本命アオリ

次に、船が密集していない7m以浅のポイントに切り替えてみることにした。すると、別の人にヒット!上がってきたのは、小型ながら本命のアオリだった。

ここなら連発するかもと思って何度か流してみたが、釣れなかったため、同じ水深で昨年釣れたポイントに船を入れ直してもらったところ、私にもヒットしたが、身切れしてしまい、触腕1本だけとなってしまった。そして、再び流し直すものの同船者が1尾追加するだけだったので、大きくポイントを移動することにした。

筆者にもアオリヒット!

ポイント移動後、10mから緩やかにカケアガリとなっているポイントを攻めていくと、同船者にヒット!

私にも釣れないかなと思っていると、エギが足元まで来たところ、アオリが追いかけていたのが見えたため、エギをステイさせたところ、ヒット!上がってきたのは1kg弱ほどのアオリだった。

玄界灘ボートエギング堪能 アオリイカ合計12杯【博多MASAMUNE】筆者にもヒット(提供:週刊つりニュース西部版 大須賀陽士)

投げし方変更で船中連発

その後、何度か流し直すが、釣れないため、さらにポイントを移動することにした。

最後のポイントでは風の影響で船が速く流れてしまうため、エギが狙いのタナまで届かないようだったので、全員が片舷に寄り、潮上に向かってキャストし、ラインメンディングに注意しながら探っていくと、カケアガリでヒット!

エギが横抱きしているようだったので、慎重に寄せてくると、途中でバラしてしまった。作戦がハマったので、船長と相談して再び同じコースを流してみると、私も含め、同船者もヒット。人によっては3投3尾ゲットした人もいた。

最終釣果

そして、納竿時間も過ぎたため終了した。実釣時間は午前6時30分~午後1時30分で、3人で合計12尾ものイカを釣ることができたので、楽しい釣行となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
博多MASAMUNE
出船場所:今津漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年6月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。