宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説

ルアーで魚を釣る方法はいくつもあるが、今回は根魚狙いの穴釣りを、実釣も含めて紹介しよう。まるで宝探しのようなワクワク感が病みつきに!

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

勝浦でムラソイ連釣

4月上旬、地元の外房・勝浦へ向かった。選んだ場所は勝浦湾の東側にある八幡岬。その岬の西側に岸に沿って消波ブロック帯が設置されている。房総ではゴロタ場が少なく、消波ブロック帯を狙うことが多い。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説勝浦・ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

ここの水深は1mほどと浅く、穴釣りしやすいポイント。ただし、消波ブロックなので穴は大きめ。なるべく狭くて小さいところを探してテンポよく攻めていく。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説八幡岬のブロック帯(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

ルアーは2inchのシャッドテールにオフセットフック。オモリは3Bのガン玉を3つセットした。開始5分ほどでファーストヒット。ギュンとロッドが曲がり、小さい穴の中で暴れるので小さくてもスリリング。

この魚はアベレージサイズよりも少し大きい20cmほどのムラソイ。外房ではこの魚が穴釣りの主役。カサゴが釣れることはまずないが、内房ではカサゴも交じる。

その後もよさそうな穴をラン&ガンで攻めていくと、5分に1尾ペースでヒットが続いた。サイズは小さいもので10cmほど。平均15cmを計7尾キャッチして楽しめた。

南無谷崎ではカサゴもヒット

数日後は内房のゴロタ場で穴釣りを楽しんだ。向かった先は南房総市の南無谷崎の南側にあるゴロタ場。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説南無谷崎・ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

手前側は平磯に小さな石で適さないが、岬の先端付近はゴロタ石が大きいのでウエーダーを履いて海岸線沿いを歩いて向かう。石が大きくなってきたところで釣り開始。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説南無谷崎の様子(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

ルアーは3gのジグヘッドに1.8inchのシャッドテール。怪しい穴を攻めると、ここでもすぐにヒット。穴から出てきたのは15cmほどのムラソイ。移動しながら攻めていくとヒットが続き10~18cmを8尾。

外房では珍しいカサゴも釣りたいと、少し沖目の深い穴を重点的に狙う。ムラソイよりもやや赤みがかった魚体は待望のカサゴ。サイズは15cmで、大きくはないが嬉しい1尾。どの魚もアグレッシブで楽しい釣行となった。

穴釣りは入門者からエキスパートまで手軽に楽しめる釣り。足下の装備とライフジャケットは必須。しっかり準備して、ぜひチャレンジして欲しい。

<週刊つりニュース関東版 渡邉長士/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年5月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。