宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説

ルアーで魚を釣る方法はいくつもあるが、今回は根魚狙いの穴釣りを、実釣も含めて紹介しよう。まるで宝探しのようなワクワク感が病みつきに!

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

穴釣りの魅力

ルアーを穴に入れたときのバイトシーンや、鋭い引きがダイレクトに伝わるのが穴釣りの醍醐味。魚の潜んでいる穴を直接狙うので釣れる確率は高く、探しながら歩くのは、まるで宝探しのようでもある。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説宝探しのような面白さ(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

フィールドは身近にあるゴロタ場や消波ブロック帯。簡単だけど、ちょっとしたコツで釣果に差がでる面白さがある。ぜひ一度、チャレンジしてみてほしい。

穴釣りの概要

ゴロタ場や消波ブロックの穴や隙間にルアーを直接入れてカサゴやムラソイを狙う釣り方。ワカサギの穴釣りとは異なる。狙うゴロタ場は水深が浅くても問題なく、30cmほどあれば根魚は潜んでいる。根魚がいるのは底との隙間なので、むしろ浅いほうが底までルアーを届けやすく、余計なイトを出さないので根掛かりやラインの擦れが少なく釣りやすい。

どんな場所を狙えばいいのか。答えは、大きな石でできた場所。隙間が生まれやすく、根魚が隠れられるスペースがある。小さな石は隙間ができにくいので穴釣りには適さない。

ターゲットはカサゴやムラソイ。地域にもよるが、前者より後者のほうが浅場を好むので、こちらがよく釣れてくる。カサゴが混在しているエリアでは少し深い場所にいることが多いので、干潮時にゴロタ場の前方を探るとカサゴの割合が多くなる。

穴釣りのタックル

穴釣りのタックルについて解説する。

竿

6~7ft程度のスピニングロッド。ある程度トルクがあったほうがいいので、バスロッドやアジ、メバル用のキャロ用などが最適。

リール

2000~2500番スピニング。

ライン

フロロカーボンライン5~8lb。穴釣りの場合、ラインが太くても食いが悪くなることはないが、小型リールに太いフロロカーボンラインを巻くとトラブルが多くなるので5~6lbがお勧め。

ルアー

1.5~2inch程度のソフトルアーに2~3gのジグヘッドが基本。ソフトルアーのタイプは万能に使えるシャッドテール系が◎。カラーは白やピンクなど目立つ色のほうがルアーの位置を把握しやすいので使いやすい。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説使用するルアーの一例(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

根掛かりの多い場所や海草が多いポイントでは、オフセットフックを使う。主にバス用のフックだが、根掛かりの多い根魚の釣りにも欠かせないタイプ。ハリ先がソフトルアーに密着するので根掛かりを大幅に減らせ、さらにハリ先をルアーに軽く刺しておくとより障害物回避能力が上がる。アタリがあればハリ先が出るのでフッキングには支障ない。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説ハリ先を軽く刺して根掛かりを防ぐ(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

シンカーはフックのすぐ上に3B程度のガン玉を3個ほど並べて付ける。ガン玉はラインを切らなくてもウエイトの増減ができ、数珠繋ぎのようにすると石の隙間にはまりにくく根掛かりは少ない。

攻略のポイント

この釣りでは数ある穴から魚にとっていい穴を効率的に攻めるのが最大のキモ。その条件とは、ほかの穴より「深く」、「狭く」、「暗い」こと。深ければ魚が安定して着きやすく、狭い穴は根魚が隠れやすい。開けた穴は警戒心が強くなる一方、穴に奥行きがあれば暗くなっているので警戒心は薄く飛びついてくる。

宝探しのようなワクワク感が魅力の『穴釣り』を始めよう 実釣含めて解説狙うのは大きな石の隙間(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

具体的には3つの石の中心にできた穴は根魚にとって好物件。ほかにも大きな石の周りや隙間などに着いているので、怪しいところはどんどん攻めていこう。

釣り方は、穴の水深に合わせたラインを垂らし、ガイドとリールの間のラインを弓を引くようにしてルアーをティップまで付ける。その状態のまま、竿先ごと穴にルアーを入れ、ゆっくりラインを緩めて底まで落とす。多くの場合、この落としていく最中にアタリがくることが多い。

反応がなければ、ラインを引いたり緩めたりしてルアーを上下に動かして誘う。アタリは一気に引き込まれるので、ロッドでアワせるのではなくラインを引いて穴の奥に入られないようにする。もし動かなくなってしまったら、張らず緩めずの状態でしばらく待ち、魚が動いたら一気に引き寄せて引きずり出す。

私はソルトルアーが大好きで、小物から大物まで様々なターゲットを狙うが、なかでも穴釣りは最も好きな釣りのひとつ。海さえ荒れていなければ、いつでも手堅く釣果を出すことができる。数ある穴から「ここはいそうだ」と、狙いを定めたところで実際にヒットすると嬉しさは倍増する。

次のページで外房&南房ラン&ガンの様子をレポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。