夏の中規模河川におけるバスフィッシング:外せない代表的ルアー5選

夏の中規模河川におけるバスフィッシング:外せない代表的ルアー5選

高いゲーム性で数多くの釣り人を魅了しているブラックバスフィッシング。今回は、夏の中規模河川においてのバスフィッシングで外せないルアー5選を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

 夏の中規模河川でオススメルアー5選

・スピナーベイト

スピナーベイトは根掛かりが少なく、ブレードのアピール力があるため、サーチルアーとして使えるルアーである。まずポイントに着いたら、地形やバスの状態を確認するために、スピナーベイトから投げるといいだろう。重さは万能に使える3/8オンスがいい。様々なメーカーからたくさんのスピナーベイトが発売されているが、私はジャッカルのドーンをオススメする。

夏の中規模河川におけるバスフィッシング:外せない代表的ルアー5選スピナーベイト(提供:WEBライター・古川竜也)

・スピンテールジグ

スピンテールジグは、鉛の塊の後ろにブレードが付いたルアーである。シルエットが小さいルアーのため、小さなサイズから大きなサイズまで釣ることができる。風のあるタイミングで使用すると、特に効果的だ。重さは1/4ozがいいだろう。私はジャッカルのデラクーを使用することが多く、糸絡みなどのトラブルが少ないため、オススメだ。

夏の中規模河川におけるバスフィッシング:外せない代表的ルアー5選スピンテールジグ(提供:WEBライター・古川竜也)

・ストレートワーム

風のないタイミングや、なかなか巻物に反応がない時に使用する。マスバリを使用したノーシンカーワッキーが基本で、小さなバスから大きなバスまで数釣ることも可能だ。サイズは3inchから4inchあたりまでがいい。私はジャッカルのフリックシェイク3.8inchを多用している。

夏の中規模河川におけるバスフィッシング:外せない代表的ルアー5選ストレートワーム(提供:WEBライター・古川竜也)

・虫系ワーム

夏といえばセミなどの虫のわく季節だろう。バスは必ず意識しているため、特に風のない時に見えバスの近くに落とすと反応することが多い。あまり動かさないのがキモで、止めを入れて食わせるのが基本だ。私はリアルなシェイプなジャッカルの活虫を使用している。

夏の中規模河川におけるバスフィッシング:外せない代表的ルアー5選虫系ワーム(提供:WEBライター・古川竜也)

・トップウォーター

夏の代名詞ともいえるトップウォータープラグ。夏以外の季節ではあまりトップウォーターに反応がよくないため、夏限定の釣りと言ってもいいだろう。数はあまり釣れないが、食ってくる時に水柱を立てて水面を割る姿は、一度体験すると病みつきになるだろう。私はデカバス狙いでは、レイドジャパンのダッジ、色々なサイズを狙う時はジャッカルのビンクシーを使用している。

夏の中規模河川におけるバスフィッシング:外せない代表的ルアー5選トップウォータープラグ(提供:WEBライター・古川竜也)

以上、夏の中規模河川のバスを攻略するルアーなどを紹介した。場所によっては釣り禁止であったり、釣り上げたブラックバスのリリースを禁止していたりする場所もあるため、事前に調べ、そのフィールドのルールに従って釣りをするようにしたい。

<古川竜也/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。