ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】

ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】

マダイ釣りに使用するエサのウタセエビもちょうどいい大きさになったとの情報もあり、早めに行くべきかと3月24日に愛知県・南知多町師崎港の船に乗った。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の最終釣果

潮はさらに緩み、30号までオモリのサイズを下げてマダイからのアタリを辛抱強く待つ。すると、気持ち良く引き込むアタリがあり、ハリに乗ったことを感じて慎重に上げ、手にしたのは28cmのマダイ。同船者にもアタリがあり、同サイズのマダイが数匹上がった。

残り15分を切り、最後に大物をと、なるべく生きのいいエサを付けてみたが、アタリはなく帰港。私の釣果はマダイ5匹、メバル2匹で、メバルは尺に届かなかったものの28cmと27cmで、肉厚で納得サイズだった。

これから水温が上がればマダイは少しずつ上層へ浮いてくるはず。納得サイズも増えてくるはずなので、状況を見ながらリベンジしたい。帰宅後、新鮮なマダイとメバルを刺し身でいただいたが、歯応え味ともに絶品。特にメバルは甘く、この時期しか味わえないものだと感じた。

<週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
出船場所:師崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。