ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】

ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】

マダイ釣りに使用するエサのウタセエビもちょうどいい大きさになったとの情報もあり、早めに行くべきかと3月24日に愛知県・南知多町師崎港の船に乗った。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ウタセマダイで師崎港から出船

ここ数日続いていた強風もやみ、朝から快晴の釣り日和となった。乗船は私を含めて6人。釣り座の抽選で残りくじをいただき、私の釣り座は左舷胴の間となった。

午前7時に出船して、この時期定番の師崎前へと向かう。最初のポイントは水深23m。アンカーが投入され、船長がカカリ釣りの準備を進める。オモリ30号の指示があり、エサを付けて最初の投入。

ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

イトフケ作って18cm小ダイ

着底後にすぐアタリがあることも考え、サオ先と手元に神経を注ぐ。しかし、アタリはなく、イトフケを作りながらオモリを転がすようにしてみた。イトを送ること8mで最初のアタリがあり、向こうアワセで乗ったのは18cmの小ダイ。

ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】エサのウタセエビ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

小さいものの、マダイの顔が見えてホッとしていると、トモの人がよく肥えた30cm超えのマダイを上げた。これを見てやる気が出たものの、アタリは少なく我慢の釣りとなる。

速い潮流に苦戦

ここでオモリを20号にして少し流し方を変えてみると、直後の投入でアタリがあり、上がってきたのは25cmほどのマダイ。その後、広範囲に流して30cm弱のマダイを2匹追加した。

ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】本命マダイキャッチで笑顔(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

開始から2時間ほど過ぎたころから、潮がどんどん速くなり、オモリのサイズを少しずつ上げての釣りとなる。あえて大潮の日を選んで出向いたが、予想以上の速い潮に底取りもままならず、エサ取りのアタリもなくなり長い我慢の時間が続く。

良型メバル登場

70号までオモリのサイズを上げ、なんとか底を取りながらイトフケを作っていると、久しぶりのアタリ。確実に魚信が伝わるものの、マダイ独特の引きではないとゆっくり上げてくると、黒い魚体が見えてきた。上がってきたのは良型のメバル。最後は慎重に船長がすくってくれた。

ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】良型メバルキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

潮がまだ速くなることと、マダイのアタリがなくなったことで、一旦アンカーを上げて30分弱の移動。中之島付近でアンカーを下ろしての再開となったが、誰にもアタリがない時間が続き再び移動となった。

メバル追釣でサイズアップ

次のポイントも念入りにイトを送ってみたが誰も魚を手にすることはなく、最初の師崎前へ戻ることになった。師崎前は潮も幾分緩んでいたので50号のオモリで再開。釣りやすい潮になってきたものの、なかなかアタリがない時間が続き、時刻はすでに正午をすぎていた。

ウタセマダイ釣りで本命の他良型メバル手中 速い潮流に苦戦【愛知】ポイントの師崎前(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

残り1時間、良型のマダイを釣りたい気持ちだけは保ち、潮に合わせてオモリを選びながら広範囲に流していると、ようやくアタリがきた。しかし、マダイ独特の引きがない。上げる途中では、重みはあるものの引きはほとんどなく、見えてきた魚体はまたも黒い。上がったのは先ほどより大きなメバルだ。

口から浮き袋が飛び出し無抵抗状態だったので、タモなしで引き上げようとした途端、ハリが外れてポトリ。それを見てすぐ船長がタモを取りに走り、素早くすくってくれて無事に良型メバルを手にできた。船長には感謝、感謝だ。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。