陵っぱりルアーフィッシングでブリにランカーシーバス【熊本・通詞島】

陵っぱりルアーフィッシングでブリにランカーシーバス【熊本・通詞島】

3月31日、朝から雨が降っていたが仕事後に熊本県天草市・通詞島へ陸っぱりシーバスゲームへ。釣果は釣友は自己記録更新、私はランカーサイズを捕獲と、共にビックサイズシーバスのアタックに大興奮した。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

通詞島でシーバスゲーム

釣行当日は小雨が降る中、貸し切り状態の通詞島に到着。「今日も釣るぜ」と意気込んだものの、堤防に着くと東からの風が強くなってきたので、荷物だけ置いて一時避難。午後10時に入り直すと、雨は弱まったものの、まだ風はある。だが、先ほどまでではないので釣り開始。

まずはこの前のパターンが効くか試してみることに。ルアーはショアラインシャイナーR50とし、数投するが反応はない。「だろうな。同じパターンが数日効くとは思わん」色違い、大きさ違いのルアーを通すが反応なし。

そうこうしているうちに、ルアーマンが2人。同じくシーバス釣りなので、少し様子を見ることに。すると、ルアーマンの引くミノーに追尾する影が!

「あ~レンジが低いのか、こりゃ俺が持ってきてるルアーじゃ無理だな」様子を見ているとルアーマンが80cmオーバーのシーバスを掛けた!1人がタモ入れをし、私はライトを照らしバックアップ!

「あっ! 口じゃなく頭に掛かっている、頭をこっちに向かせるのは難しそうだな。タモ入れ五分五分かな」と思っていたら、やはりフックがタモに引っかかりバラシ。

80cm級ブリ登場!

「レンジは合っているが口に入っていない。何かが違う……。ハードプラグじゃない?」もしかして、と頭によぎりタックルボックスからボトムアッパー14gをチョイスし、ハタ用に使用する魚型のワームを装着。

陵っぱりルアーフィッシングでブリにランカーシーバス【熊本・通詞島】シーバス用タックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

着水と同時に巻き始める。「お、反応があったミノーと同じレンジ」足元まで丁寧に引いてきて角度が変わった瞬間、「ドバッ!」「よしきた!でもシーバスじゃなかったような気がする!」その疑問はすぐに青物だと確信に変わった。

ドラグがけたたましく夜の堤防にこだました。「ジイイイイイーーー!」「引くな~(笑)」向きを変え堤防角に!「そっちは無理!」リールに手を当て無理やり止める!「よし!」あきらめてこっちに走ってきた!

堤防角までの距離は5m、「勝ったな(笑)」2人組がタモ入れを手伝ってくれて捕獲成功!「ブリやん(笑)80cmくらいかな~クーラー入らない(笑)」写真を撮って次を狙う。

陵っぱりルアーフィッシングでブリにランカーシーバス【熊本・通詞島】80cmくらいのブリも姿を見せた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

向かい潮にルアーコントロール苦戦

反応はあるが向かい潮のせいで、なかなかルアーコントロールが難しい。「速く巻けばレンジコントロールはできるけど、そのスピードには反応せん。かといってゆっくり巻けば浮いてしまう。やっぱり今日はワームに分があるな。」

ワームのサイズをワンサイズ落として狙うと、いきなり80cmサイズが食ってきた!だが痛恨のバラシ。「なんでかな?突っ込んだ時にバレたかな?」回収するとフックが折れていた。ここでルアーマンが帰るということでお礼を。

次のページは85cmランカーシーバス浮上!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。