『完全フカセ釣り』で良型乗っ込みマダイ乱舞【福井・越前】

『完全フカセ釣り』で良型乗っ込みマダイ乱舞【福井・越前】

3月31日、福井県・越前町大樟(おこのぎ)港の遊漁船を仕立て、完全フカセ釣法で乗っ込みマダイを狙った。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

完全フカセ釣りで乗っ込みマダイ狙い

大樟までは、釣友の杉山さんと一緒に行き、現地で釣友の舟津さんと合流した。船長とあいさつを交わし、釣況を尋ねると「まだ海水温は低いが、昨日は90cmの特大マダイが上がったよ」と笑顔で応えてくれた。私たちの期待は膨らみ、気分ウキウキで道具を船に積み込んで乗船した。

午前10時に出船。船は越前岬沖のマダイ漁礁を目指す。沖は微風で波も穏やか。あとは潮さえ動いていれば、乗っ込みマダイを仕留められる確率は高いはずだ。航程40分ほどでエンジン音がスローになった。マダイ漁礁の周囲にほかの遊漁船はいない。

『完全フカセ釣り』で良型乗っ込みマダイ乱舞【福井・越前】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

アンカーが入り、「水深68m、潮の流れは緩いから、発砲ウキ7号付けてください」と船長から指示が出た。全員が完全フカセ仕掛けで、私は左舷トモからサオを出す準備をする。杉山さんが右舷トモに座り、舟津さんは潮の流れを見て、右舷ミヨシからサオ出しする。船長の話では、潮は右舷後方に流れているとのことだ。

一投目から50cm本命キャッチ

投入前にマキエサのオキアミをまくと、船長から仕掛けの回収は120mと指示が出る。サシエサのオキアミを2匹掛けにして投入開始。思っていた通り潮の流れが緩く、スプールの回転も遅い。これにはまいった。

しかし、一投目からカウンター数値90m付近で、突然ラインが飛び出し「ピピピッ、ピィー」とアラーム音が鳴り響いた。「おっ、きたぁ~」と心の中で叫ぶ。アラーム音を聞いた杉山さんが、数値を聞いてきた。「90m付近」と伝えながら、引きアワセ入れる。しっかりハリ掛りし、手元には確かな生命反応を感じた。

ここから電動で巻き上げると、豪快にサオが曲がる。やっぱり魚の引きは強いから楽しい。やがて、前方に赤い魚が浮上してきた。船長が差し出したネットに収まったのは、50cm前後の食べごろサイズのマダイ。きれいな美肌の桜ダイ(メス)だ。

潮が緩くてもマダイが口を使ったということは、潮が動けばさらに期待できそうだ。杉山さんも数投目にラインが飛び出したが、アラームは鳴らず。半信半疑で巻き上げると、35cm前後のマダイが浮上しネットイン。また、ミヨシの舟津さんも、チダイをダブルで仕留めた。

時合い突入で82cmマダイ浮上

開始から1時間が経過。マキエサの効果でマダイの食欲が旺盛になれば、必ずミチイトが飛び出すはずだ。しばらく我慢が続いたが、やがて時合に突入した。うれし~い。

仕掛けを流していくと、数値86m付近に達したとき、すごい勢いでミチイトが飛び出した。巻き取りにかかったが、マダイ特有の三段引きも強烈。相手が突っ込むたび、サオが何度も鋭く引っ手繰られ、その強烈な引きから大物を確信した。

絶対にバラシだけは避けたいので、慎重に手巻きで対応する。やがて、相手も徐々に力尽きたようで、海面に大マダイが浮上してきた。

『完全フカセ釣り』で良型乗っ込みマダイ乱舞【福井・越前】特大サイズをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

めちゃくちゃ感動しながら、船長と協力して取り込んだ。「これは特大マダイやぁ」と船長の大声。足元に横たわる特大マダイ(メス)は、検量すると82cm、7.3kg。見事な乗っ込みマダイだ。

当日最大85cm顔見せ

直後に、今度は舟津さんが「船長、きたきたぁ」と声を上げて騒ぎだした。サオは大きく弧を描いて耐えている。さらに、「俺もきたぁ!」と杉山さんの弾んだ声が響き、船上はダブルヒットでお祭り騒ぎとなった。

舟津さんは、この日のビッグワンとなる85cmの特大マダイ(オス)をキャッチし満面の笑顔。

『完全フカセ釣り』で良型乗っ込みマダイ乱舞【福井・越前】ビッグワンキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

一方の杉山さんは、50cmの良型マダイに苦笑いだ。

『完全フカセ釣り』で良型乗っ込みマダイ乱舞【福井・越前】50cmオーバーの綺麗なマダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

船中全員大型マダイキャッチ

こうしている間も時合は続き、再び私の電動リールのアラーム音が鳴る。「よし、きたぁ」と巻き上げスイッチをオン。鋭い突っ込みが半端じゃない。船長に「大マダイの引きですのでネット入れお願いします」と伝えた。現れたのは、期待通りの大型マダイ。無事ネットに収まり、検寸すると75cmのメス。きれいな彩りのピンク肌で、ブルーのアイシャドーが輝く熟女だ。

後半は風向きと潮の向きが合わず、アンカー潮になってしまった。ポイントも移動したが、このあともマダイのヒットを得ることなく、沖上りの時間を迎えた。

『完全フカセ釣り』で良型乗っ込みマダイ乱舞【福井・越前】美マダイ掲げ笑顔(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。