人気フィールドで35cm頭にニジマス&ヤマメ13尾手中【奥多摩川】

人気フィールドで35cm頭にニジマス&ヤマメ13尾手中【奥多摩川】

3月30日(月)、東京都青梅市を流れる奥多摩川へ増殖放流後翌日の渓流釣行。寒空の下の激戦区にて、ポイント判断的中で35cm頭に13尾の渓魚が遊んでくれた。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・竹内尚哉)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

場所移動で35cm良型ニジマスゲット

全体的に渋くなり、14時で気温も10℃以下と寒いのもあり、これでは夕マヅメも期待出来ないだろうと判断。そこで、下流側に歩いていくと、岸にボサがあり対岸からも攻められ難い場所を発見。流れに対して平行に体を向けて、岸よりのボサ際を攻める。

すると、久しぶりにアタリが。ジャンプされた後に流れに乗り、なかなか寄せられない大きさだ、『このニジマスは絶対にバラしたくはない』となんとか岸寄りに寄せたタイミングで御用。厳しい時間でのナイスなニジマスなので、写真撮りだ。サイズを測るとまあまあサイズの35cm。

人気フィールドで35cm頭にニジマス&ヤマメ13尾手中【奥多摩川】渋い時間に嬉しい35cmレインボーと筆者(提供:WEBライター・竹内尚哉)

これに気を良く、再度流すとアタリがあり連チャンでニジマスが釣れた。だがその後はアタリもぱったりとなくなり、数にも満足したので納竿。この状況下での13尾は自分としては出来すぎだ。生け簀の中の元気な9尾はリリースして、4尾はお持ち帰りだ。

今後の展望

5月中旬まで、各放流ポイントで毎回楽しめそうだ。今回は私のスケジュールが放流日翌日に当たったのもあり、好釣果を出すことが出来た。これから気温も上がり、ますます渓流釣りが楽しめる季節になっていくだろう。放流後だけではない、綺麗な渓魚も釣れる本流に支流に出かけてみてはいかがだろうか。

<竹内尚哉/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
奥多摩川下流

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。