シーズン終盤の大分沖『テンヤタチウオ』 ジギングアクションがアタリ

シーズン終盤の大分沖『テンヤタチウオ』 ジギングアクションがアタリ

シーズン終盤の大分沖のテンヤタチウオ釣りに、2月12日、大分市・家島港の釣吉丸を利用して、松本さんと2人で釣行した。しっかりとしたアクションで誘いをかけると本命が登場した。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣吉丸でテンヤタチウオ釣り

当日は午前6時に釣吉丸が出船する家島港に行き、メンバーがそろったので釣座を決める。じゃんけんをし、左舷側の一番前に松本さん、次に私となり、荷物を船に積み込む。船長が来たのであいさつをし、6時30分にテンヤタチウオ釣りに出港した

沖に出ると、まだ波はないが、昼前から風が吹く予報だ。1時間ほどで釣り場に到着。各自、釣座で釣りの準備をする。私はエサにサンマを持参していたので、テンヤに取り付けて船長からの合図を待つ。

シーズン終盤の大分沖『テンヤタチウオ』 ジギングアクションがアタリ当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

ジギング的なアクション

慎重に流す場所を決め、釣りダナ180mの指示が出ると釣り開始。ミチイトの10mごとの色分けを確認しながら、確実に仕掛けを落としていく。タナに届くと電動リールのスロー巻きで仕掛けを上げ、時々誘いを入れて釣るが、まったく反応がない。

船アシスタントの人に聞くと、ジギング釣りの要領でテンヤを動かしながら誘いをかけ、1~1.5mほど上げて3~5秒止めて待つ釣り方が一番アタリがでるとのことなので、最初はぎこちない動作で釣りをしていく。時間がたつと少しずつ慣れて、何とかタチウオをハリ掛かりさせた。

2尾ほど釣ったが、潮が速いのか、ヨレているのか、オマツリが多くなったが、これは仕方ない。

引き潮動くとアタリ連発!

タナが150~190mと深いので、仕掛けの上げ下げがもどかしい。11時ごろまでに3尾しか釣れず「今日はもうダメか」と思っていたが、引き潮が動き始めると海の中の様子が変わったようで、アタリが多くなる。松本さんも前半は苦戦していたが、やっとタチウオを釣り始める。

今の時期、タチウオの型が良く、引きも強いので、ハリ掛かりさせると非常に面白く、巻き上げ途中にリールが止まることもある。

シーズン終盤の大分沖『テンヤタチウオ』 ジギングアクションがアタリ良型揃い船中にぎわった(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

周りを見ると、リールをスロー巻きにして釣っている人にはアタリが少ないので、アシスタントの人が指導している。

誘い上げてアタリを待つが、アタリが非常に小さいので、少しサオ先に変化があれば、一応アワセをした方がいいだろう。船長の指示ダナから20m誘って仕掛けを上げ、アタリがないときは再び仕掛けを落として同じ要領で釣るといい。

11月ごろのように、タチウオは上までいない。今の時期、深い場所にいるようだ。フグはいないので、安心して釣りができる。

午後0時30分すぎ、船長から「1時30分で今日の釣りを終わります」と声が掛かり、最後の頑張りで2尾追加して、当日の釣りを終了することにした。

次のページで最終釣果と今後の展望

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。