【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:松本市/長野県

【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:松本市/長野県

長野県松本市付近は犀川や高瀬川、梓川など本格的な渓流や本流釣りが楽しめる。ただ、事前準備がないまま行くとポイントが分からず苦戦することになるだろう。今回は、フライフィッシングおすすめ釣り場を紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

籠川

河原が広く、水量が多い時には何本も分流ができる。荒瀬とエン堤は多い渓相だが、魚は確実に居着いている。昨年は大雨によって増水したが、分流の入り口でいきなり25cmクラスのイワナが連続ヒットした。籠川大橋付近は分流が特に多く、大人数での釣りが可能。下流はキャンプ場があり、エン堤や淵が連続しているのでポイントを絞りやすい。平地のためソ行は楽。釣りながら仲間と合流するのもいいだろう。

【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:松本市/長野県籠川(提供:週刊つりニュース関東版 APC・井田泰司)

鹿島川

上流部は山岳渓流のような渓相で本格的な釣り上がりを楽しめる。中下流部は河原が広く、エン堤や瀬が多い。落差は少ないので、ゆっくり釣りをするのに適している。

【2020解禁直後】フライフィッシング好釣り場:松本市/長野県鹿島川(提供:週刊つりニュース関東版 APC・井田泰司)

乳川

下流部は公園の脇を流れていて遊歩道がある。脱渓は楽だが渓相は本格的で、川を渡る時などは要注意。魚はいるが入渓しやすいのでセレクティブ。透き通るようなイワナが釣れるのが嬉しい。

上記の2つの支流と違い、木々が被さる川で上流は巨岩帯になる。

高瀬川本流

下流部にはブラウンや大型ニジマスのポイントがある。上流に温泉があるので水温が高く、早期からドライフライが楽しめる。

ポイントを絞りにくいエリアなので、フットワークよく釣るのがいい結果。

梓川

川上地区上流の支流で本流との合流点から高活性の魚が多く、ライズ待ちができる。

大エン堤から上流は大岩が多い渓相で、木々が覆い被さったジャングル的なエリア。ポイントを吟味しながら、厳しいスポットをたたいていくと思わぬ大型が掛かることも。気温の状況でどちらを攻めるか決めるのがキーになる。

その他

犀川水系は、ルアーやダブルハンドのフライ派にいいエリアが多数ある。

また同ペンションでは梓川水系や少し離れた蒲田川などを紹介してくれる。ガイドがあれば河川状況に合わせた釣りを紹介してもらえるはずだ。

<週刊つりニュース関東版 APC・井田泰司/TSURINEWS編>

▽籠川~高瀬川本流…北安中部漁協TEL0261-22-7107

▽犀川本支流(上流側)…犀川漁協TEL0263-62-2022。同下流側は犀川殖産漁協TEL026-262-2212

▽梓川など…安曇漁協(組合長)TEL090-3404-0680

▼この釣り場について
松本付近の漁協所在地
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。