ジギングヒラマサゲームで70cm級連発 1流し1ヒットと好調【福岡】

ジギングヒラマサゲームで70cm級連発 1流し1ヒットと好調【福岡】

1月17日、博多湾のベイスタイルを利用して、玄界灘へヒラマサを求め向かった。早々に本命ヒットし、1流し1ヒットの連発タイムも。ブリにサワラも登場で満足釣行に。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:総合学園ヒューマンアカデミー福岡校 フィッシングカレッジルアービルダー専攻1年 横路尚己)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

玄界灘でオフショアジギング

釣行日の2週間ほど前から寒くなり、寒さに少しずつ身体が慣れはじめてきたころだった。当日は小潮の干潮が午前8時35分、満潮が午後2時40分。午前7時に出船してファーストポイントまで40分ほどで到着。海は大きく荒れており、船に立っているので精一杯。

今回のオフショアジギングタックルは、ロッドがグラップラーS604、リールがソルティガ4500、ラインはハードコアX4の4号、リーダーがソルティガフロロカーボンライン18号。使用するジグは後方重心型のMMジグ120g。カラーはPHベイトナブラ。チョイスの理由は、小潮で潮が動かないので、そのときはMMジグが有効だとアドバイスをいただいたため。

水深は50m。魚探を見るとボトム付近に魚がいるため、ボトムを中心にシャクっていくが、期待の1投目は反応なし。だが同行者のジグのフックの部分がサワラによって切られていた。何度もキャストするが反応なし。再び同じコースに船を持って行きもう一度流し直す。

幸先よく70cmヒラマサゲット

すると船の後ろ側で釣っていた同行者にヒットし、底から10m上げてきたところで私のロッドにも強烈なバイトが手元に伝わる。すかさずフッキングすると、かなりの重量でドラグが止まらない。必死にハンドルを回すもなかなか回らない。

そして一気に横へ走っていく、魚のパワーに圧倒されなかなか上げられない。30秒ほどファイトしているとようやく上がってきた。白銀の大きな魚体をしたヒラマサだ。水面まで上げてくるも再び走り出し、まだ体力は残っている。

ジギングヒラマサゲームで70cm級連発 1流し1ヒットと好調【福岡】良型ヒラマサを披露(提供:総合学園ヒューマンアカデミー福岡校 フィッシングカレッジルアービルダー専攻1年 横路尚己)

船の底へ行かれないように上手くロッドワークをしてなんとか待望の1尾目をキャッチ。70cmのヒラマサだ。初めて釣り上げたうれしさと達成感で心が満たされた。幸先の良いスタートだ。

1流し1尾ヒットの船中連発

この流れに乗って3流し目でも隣の友人にヒット。すぐに私にもヒット。1尾目と同様に強烈な引き。ロッドもなかなか立てられない。苦戦しながらもキャッチ成功。

ジギングヒラマサゲームで70cm級連発 1流し1ヒットと好調【福岡】本命ゲット(提供:総合学園ヒューマンアカデミー福岡校 フィッシングカレッジルアービルダー専攻1年 横路尚己)

2尾ともにアクション方法は、20~30cmの幅でロッドを細かくジャークし、ワンピッチワンジャークのアクション。その後も同じペースで魚を釣ることができた。潮止まりのタイミングで少しペースは落ちたが、1流しで船中1尾釣れるペース。

次のページで80cmオーバーブリ登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。