宮崎サーフで話題の「オオニベ」手中 ドラグ止まらぬサカナの正体は?

宮崎サーフで話題の「オオニベ」手中 ドラグ止まらぬサカナの正体は?

2月11日、人気上昇中の「宮崎サーフ」で、初めてオオニベを狙ってみた。型はともかく、まさかの本命を手中にすることが出来た。今回は、釣り場&ポイント探しから含めて、サーフゲームをお届けしよう。

宮崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター 楢崎人生)

楢﨑 人生

廃人、42歳厄年、獅子座A型。趣味はヘラ浮子作り。泣かれる身内もないけれど、死ぬのは嫌でございます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大人気の宮崎サーフゲーム

ここ数年、注目度が上がっている宮崎県のサーフゲーム。特に県央のサーフエリアは、オオニベのシーズンに入ると日本各地から大勢の釣り人が訪れる。年末年始や連休になると移動もままならない程だ。

さらに宮崎はサーフィンの聖地とも言われている。サーファーがいる場所を避けての釣りになるので、たとえ釣り人が少なくても、釣りの出来る場所が限られてしまう。そこで、釣り人もサーファーも少なく、のんびりとオオニベを狙えるエリアを自力で探す事にした。

オオニベを狙えるサーフを探す

我が家から5km程の海岸線はオオニベの接岸ポイントと被っているので、その近辺で竿抜けの場所を探してみる。

早速Googleマップの航空写真で調べると、宮崎空港の滑走路が海へ突き出た部分と、大淀川河口の間の数百mが美味しそうなスポットに見える。

赤江浜という場所のようだ。ここはメディア等の情報で見聞きした覚えはない。サーフゲームをのんびり楽しみ、オオニベを独り占め出来るスポットになり得るかもしれないのだ。そう思うといてもたってもいられず、下見に行くことにした。

下見の印象はイマイチ?

今回は早朝から釣りを開始しようと思っている。当然だが薄暗い時間は視覚からの情報量が極端に少なく、危険も多い。

初めて竿を出す場所は明るい時間に必ず下見をして、安全に釣りが出来るか確認しなければならない。安全性が確認出来たら、地形や波やベイトの有無等を確認する。

宮崎サーフで話題の「オオニベ」手中 ドラグ止まらぬサカナの正体は?赤江浜の様子(提供:WEBライター 楢崎人生)

赤江浜の第一印象は正直ぱっとしない感じで、「ここが駄目なら数百m北の大淀川河口付近に移動すればいいかな」と考えてしまいそうになるが、それでは本末転倒である。

のんびりしながらもオオニベを独り占め出来る場所かもしれない。だから下見に来たのだ。釣れなければ赤江浜と心中するつもりで粘りたい。

宮崎サーフで話題の「オオニベ」手中 ドラグ止まらぬサカナの正体は?大淀川河口の雰囲気はよかった(提供:WEBライター 楢崎人生)

赤江浜は地元では有名スポット

下見の帰りに釣具店で赤江浜について尋ねると、意外にも地元では有名スポットだった。大々的なメディアへの露出が無かっただけで、マルスズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキ、コチ、ヒラメ、オオニベが釣れ、大淀川河口への移動も容易なことが人気の理由だ。

また場所によっては、アカメも釣れる場合もあるが、宮崎県の条例により、捕獲、採取、殺傷、損傷が禁じられている。狙わずして釣れてしまった場合は速やかにリリースしていただきたい(宮崎県野生動植物の保護に関する条例第11条
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/shizen/kurashi/shizen/page00029.html)。

そして赤江浜をインターネットで調べると2019年にはサーファーの水難事故が発生している。つまりサーファーも訪れるという事だ。のんびり釣りの夢は潰えたが、せっかく下見までしたのだ。一度は竿を出そうじゃないか。

次のページで実釣スタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。