冬の陸っぱり釣りは『虫ヘッド』&『穴釣り』がオススメ【佐賀県】

冬の陸っぱり釣りは『虫ヘッド』&『穴釣り』がオススメ【佐賀県】

1月22日、今回は大分市・佐賀関漁港へジグヘッド+虫エサ(個人的に『虫ヘッド』と呼んでいる)釣りと『穴釣り』に出掛けた。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

佐賀関漁港で『虫ヘッド』&穴釣り

当日の佐賀関漁港は満潮が午前7時40分ごろであり、満潮前後を攻めていく。現地へ6時前に到着。明るくなるまではジグヘッド+虫エサ=『虫ヘッド』の釣りでメバルとアジを狙い、明るくなったら穴釣りでアラカブ狙いに切り替える予定だ。

冬の陸っぱり釣りは『虫ヘッド』&『穴釣り』がオススメ【佐賀県】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

『虫ヘッド』でミニサイズのメバル

6時から釣り開始。常夜灯周囲を探っていく。アジングやメバリングの経験がない私は、ジグヘッド+虫エサ釣りも初めて。1.5gのジグヘッドに赤ゴカイ(イシゴカイ)1匹をつけ「こんなので飛ぶのかな~?」と思いながら投げるが、ある程度投げることはできた。着水後、ラインを張りながら落としていく(テンションフォール)と、クククッとアタリがあったが、ヒットには持ち込めなかった。

再び同じポイントを攻めると、先ほどと同じような感じでクククッとアタリがあり、ヒットに持ち込めた。上がってきたのは10cmほどのメバルだった。あまりにも小さいのでリリースした。その後、同サイズを2尾釣ったところで場所を移動した。

20cm級アジも『虫ヘッド』で手中

同じように常夜灯周囲を狙っていく。近くにいたルアーマンの人がアジを釣っているのを確認できたので、かなり期待しながら投げてみる。2投目までは無反応で、少し嫌な気がしたが、3投目のフォール中にヒットした。

先ほどメバルを釣ったタナより少し浅かった。緩めにしているドラグがジジジーッと鳴るのを楽しみ、20cmほどのマアジを釣り上げた。同じようなパターンで同サイズを2尾釣った。

穴釣りでアラカブヒット

かなり明るくなったので、7時30分に穴釣りへ変更する。エサはタチウオの切り身を使用した。足元に注意しながら、テトラとテトラの間を探っていく。

ブラクリを底まで落とし、着底後に2回ほど、仕掛けを10cmほど上下する。アタリがなければ、もう一度やり直してみる。魚がいればヒットするはずなので、アタリがなければ場所を変えていく。

すると、場所を数回変えたところでガツガツとアタリがあったが、ハリ掛かりしなかった。ベラっぽいアタリとは思っていたが、今度はガツガツしたアタリからハリ掛かりしたが、やはり上がってきたのは15cm級のササノハベラであった。私は食べないので、そのままリリースした。

穴を数回変えると今度はガツーンとアタリが。重量感のある引きで、予想通り15cm級のアラカブが上がってきた。20cm以下はリリースと決めていたのでリリースした。その後、数回場所移動した後にアラカブがヒットしたが、先ほどと同サイズだった。

もう少し粘ろうと思ったが、急に雨が降り始めた。雨で足元が滑りやすくなり、危険と判断した。そのため、予定よりかなり早い9時に納竿とした。残念。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。