侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:高級『赤オニ』退治法

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:高級『赤オニ』退治法

問診票

オニカサゴは釣っても食べても最高で、大好きな釣りなのですが、今ひとつ釣果が伸びません。ビシアジから銭洲の大物釣りやマグロ釣りなど幅広い釣り経験・知識を持つドクターからぜひアドバイスをよろしくお願いします。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・近藤 惣一郎)

近藤 惣一郎

医学博士・京大卒。SOグレイスクリニック院長。脳外科・美容外科専門医。DAIWA沖釣りフィールドスタッフ。ロンリー侍ドクターとして各種メディアで活躍中。

×閉じる

船釣り エサ釣り

アタリとアワセ方

フォーリング後に限らず、アタリを感知したら、即アワセはよくありません。サオ先を下げたり、船の動きが速いときは、状況によって道糸を2~3m送り込んで、魚に餌を喰わせましょう。

糸フケを作らないよう、数秒から数十秒待ち、張らず緩めず、時々聞き上げ、魚が付いていることを確認したら、アワセも兼ねてサオ先を目線まで上げます。その時にクンクンと頭を振る独特の動きを目感度、手感度で感じることが出来ればオニカサゴです。

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:高級『赤オニ』退治法オニカサゴが一匹掛かったら多点掛けを狙おう(提供:WEBライター・近藤 惣一郎)

ここで大切な事は、オニカサゴは狭い範囲に数匹が群れていることが多いので、根がきつい場所で無ければ、直ぐに巻き上げず、追い食いさせて、多点掛けを狙いましょう。

その後は電動リールの中速で巻き上げを開始。大切なことは 巻き上げの際、サオ先の上下で船の揺れを緩衝し、また 途中で巻き上げスピードを速めたり、遅めたりしないこと。ラインテンションが変わると、針が外れるリスクが高まるからです。アタリは置きサオで出ても、やりとりは必ず手持ちで行うことが大切です。

状況に応じた仕掛け&釣法を

アタリが出た時は、仕掛けや釣法が、その時の潮の流れや海底地形にマッチしていたときです。裏返せば、状況に適した仕掛けや釣法が選択出来ていないと、せっかくオニカサゴが船下に居ても、アタリが出にくくなります。

釣れていない時間が続く場合は、同じ仕掛けで数時間前に釣れたとしても、海底の地形や潮流速を考慮して、仕掛けや釣法を変えていきましょう。

特に寒い冬は、手指も凍え、普段当たり前に出来る事が行い難くなるのですが、頭で考えるだけで無く、妥協なく、実際行えるか否かで、必ず釣果は違ってくるものです。みなさん 頑張りましょう!

侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック:高級『赤オニ』退治法オニカサゴは絶品(提供:WEBライター・近藤 惣一郎)

<近藤 惣一郎/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。