オフショアジギングで8kgヒラマサ含み青物連釣【エル・クルーズ】

オフショアジギングで8kgヒラマサ含み青物連釣【エル・クルーズ】

12月半ば、福岡市の箱崎ふ頭から出船のエル・クルーズにお世話になり、オフショアジギングに行ってきた。水温低下で渋い中、ヒラマサやヤズがヒット。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

船中ファーストヒットはヒラゴ

当日は昼ごろから風が強くなる予報で、出船も危ぶまれたが、近場中心の組み立てで何とか釣行できそうとのことで、午前7時に6人でエル・クルーズにてオフショアジギングへ。

オフショアジギングで8kgヒラマサ含み青物連釣【エル・クルーズ】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

約1時間で玄界島沖の水深40mのポイントに到着した。100gのジグで試すも反応なし。その後も3~4か所を流すも魚信がなく、移動を繰り返す。

開始から2時間ほどたったころ、ようやく同船した福田さんに2kgクラスのヒラゴがヒットする。魚の姿が見られて、船内にも活気が戻る。

200gのジグで8kgヒラマサ

しばらくすると再び福田さんにヒット。先ほどよりも明らかに重量感のある引き。5年ぶりのジギングとは思えないほどの余裕のやり取りで、取り込んだのは当日最大の8kgのヒラマサだった。

水深が浅いこともあり、みんなが100gのジグを使う中、シルエット重視で200gのジグをチョイスしたのが功を奏したようだ。

深場へ移動でヤズ&ヒラゴ

ここから再び沈黙の時間が続くが「11時ごろから風が強くなったら終了」の予定でプランを組んでいた船長の思惑とは裏腹に、むしろ風が落ちつき、晴れ間も出始めた。こうなれば若干深場へ移動ということになり、水深45~50mラインへ。

すると船尾で電動ジギングをしていた米田さんにヒット。3kgクラスのヤズだ。中層辺りでヒットしたとのことで、私もやや速巻き気味で誘うも、反応なし。

船長から回収の合図もあり、そのまま速巻きで誘い続けていると、15m付近でいきなりヒット。同サイズのヤズを釣り上げ、何とかボウズは逃れた。

再び流し直してシャクっていると、じゃれつくような反応から、ひと呼吸置いてドン。小気味いい抵抗を見せてくれたのは、3kgクラスのヒラゴだった。

オフショアジギングで8kgヒラマサ含み青物連釣【エル・クルーズ】ガツンと一閃(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

最終釣果

ここから予報通り風が強くなり始め、午後1時前に納竿。結果は、ヒラマサ8kg頭に5尾、ヤズ3尾、ソゲ(小ヒラメ)1尾。急激な水温低下の影響か、渋い状況が続いていた中での釣行としては、まずまずの釣果となった。

シケもあって釣行できない日も多くなるが、機会を見つけてまた行ってきたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
出船場所:箱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。