杉田千紘が外房『ヒラメ釣り』に挑戦 粘りの釣りで2kg級をキャッチ

杉田千紘が外房『ヒラメ釣り』に挑戦 粘りの釣りで2kg級をキャッチ

10月末、外房の船宿からヒラメ釣りに行きました。当日は、辛抱強く待って、2kgクラスの美味しそうな肉厚ヒラメを釣ることができました。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:杉田千紘)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日のヒラメ釣りタックル

タックルは、ロッドがダイワ・アナリスターヒラメM‐255、リールはシマノのカルカッタコンクエスト400にミチイトは「バリバス小船マスターPELS4」の2号、オモリ60号、ハリスは「ハードトップ船ハリス」5~6号を使用。

イワシが逃げて好機到来

30分ほどでポイント到着。元気なイワシを付けて泳がせますが、なかなかアタリがありません。しかし、諦めずに投入を続けます。トン、トン、トンと底をひん繁に取って、丁寧に探っていきます。

船中ではポツポツと小型が上がっているなか、私の竿にはアタリがきません。それでも、辛抱強く待っていると、元気に泳いでいたイワシが急にプルプルと暴れだします。今までとは明らかに違う、四方八方に逃げているかのような動き。

「これはくるかも?」、期待を胸に、その瞬間を待ちます。

2kg級の肉厚ヒラメゲット

すると、「クイックイクイッ」竿先に少しずつ食い込むような前アタリ。

「もっと思いきり入らないかな?」と、思っていると”グイーン”と大きく竿先が海面に向かって曲がり込みました。ここで、ゆっくり大きく竿を立ててアワせると、しっかりハリ掛かり。

開始から6時間近くたっていたので、この日最後のチャンスとばかり、「絶対逃さないぞ」。そう思いながら巻き上げてくると2kg弱の美味しそうな肉厚良型をタモ取り成功。

杉田千紘が外房『ヒラメ釣り』に挑戦 粘りの釣りで2kg級をキャッチヒラメシーズン到来だ(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

諦めないで探っていたかいがありました。なんとかゲットできた、最高に嬉しい1尾。最後の最後に海の神様が微笑んでくれたことに感謝しつつ納竿時間。自宅へ戻り、こちらのヒラメを余すところなく美味しく調理していきますよ。

当日使用したライン

調理編の前に、当日使用したラインを紹介。

杉田千紘が外房『ヒラメ釣り』に挑戦 粘りの釣りで2kg級をキャッチバリバス・ハードトップ船ハリス(提供:株式会社モーリス)

船仕掛けに適したしなやかさ、安定した直線強度と結節強度を併せ持つ、独自の船釣り専用設計フロロカーボンハリス。ラインカラーは魚から見えにくい色とされるグリーン系を採用。潮色にナジみやすく、警戒心を与えない。平行巻きでイトぐせが取れやすく、ハリス全体がストレートになって潮ナジミ抜群。

仕掛け作りをサポートするソフトゴム製スプールバンド付き。無駄なく使える80m巻き(18号、20号は60m巻き)。中型スプールで持ち運び、保管に便利。安定した品質とさばきよさで、あらゆる船釣りに対応する。

号数:2号~。オープン価格。

次のページでオススメのヒラメレシピを紹介!