テンヤマダイ釣行で61cmマダイ 1kg級のヒット連発【乙姫丸】

テンヤマダイ釣行で61cmマダイ 1kg級のヒット連発【乙姫丸】

10月31日、令和初のマダイ釣りに、釣友の隈部さんと乙姫丸にて出かけた。当日は、小型が多かったものの、テンヤマダイ釣りで61cmの良型マダイも登場した。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・中尾文男)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

乙姫丸で『テンヤマダイ』釣行

熊本県上天草市大矢野.鳩の釜港から乙姫丸に乗り込み、1時間ほど西へ向けて走ると、鬼池(天草市)沖合へ到着。やや島原沖へ向かい、水深30mラインの浅場で船が停止した。

テンヤマダイ釣行で61cmマダイ 1kg級のヒット連発【乙姫丸】筆者の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・中尾文男)

まずは30cm級マダイから登場

船長の「水深28m」という声に、一斉にサオを入れる。今回は前部に4人、後部に1人の計5人。それに船長と娘さんが後部でサオを出していた。

この海域は通常、潮が速いと有名であるが、この場所は浅いので、大型は横へ走るためドラグの調整を小まめにするよう指示があった。左舷前部側に位置する私たちも、時折タナを言う船長の声を聞きながら投入を繰り返す。

ここでの釣果は、各自30cm前後の小型マダイを2~3尾ほどゲットして、場所を移動する。

船中1kg級が顔出し

次のポイントは海峡のほぼ中央で水深50mライン。大潮でもあることから流れは速く、なかなかタナ取りがむずかしい。この深さになると電動リールが恋しくなる。右舷前部側の2人は電動リールをブンブンと鳴らして巻き返していた。

10時をすぎても、釣果はあるものの小型が多く、船長の娘さんがどうにか1kg級をゲットしただけであった。

テンヤマダイ釣行で61cmマダイ 1kg級のヒット連発【乙姫丸】1kg級の本命(提供:週刊つりニュース西部版 APC・中尾文男)

私は前のポイントで2回ほど正体不明のアタリでPEライン1号を飛ばされ、3回目は根掛かりでラインブレイク。見かねた隈部さんからPEライン1.5号を勧められたので拝借し、移動中に巻き替えてもらった。

61cmの大型マダイがヒット

その後、当日一番のアタリがでて、ラインが引き出されていく。ドラグを調整しながら徐々に寄せ上げていき、アシストをしてくれた隈部さんのタモに収まったのは大型マダイ。時間は10時20分。メジャーで計測すると全長61cmだったが「重量は3kg前後だろう」と船長。

これを見た船長は「もう1回ここを流してみよう」と潮上へ移動したが、これ以上の型はでなかった。

1kgクラスを追加して納竿

テンヤマダイ釣行で61cmマダイ 1kg級のヒット連発【乙姫丸】5人分の釣果(提供:週刊つりニュース西部版 APC・中尾文男)

その後、今度は湯島の北側へ大幅に移動。このポイントが一番深く、水深70mライン。こうなると私たち手巻き組は巻き返しに時間がかかり、面倒だ。

ここでも小型を2尾ほど追加。隈部さんは1kgクラス2尾をゲットしており、ほかの人よりも型が良かった。今回は小型が多かったが、船長の話では今後は型も良くなっていくということであった。

<週刊つりニュース西部版 APC・中尾文男 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
乙姫丸
出船場所:上天草市大矢野・鳩の釜港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。