『イカダティップランエギング』で低活性のアオリイカを攻略【日乃出屋】

『イカダティップランエギング』で低活性のアオリイカを攻略【日乃出屋】

日本海側のアオリイカはそろそろ閉幕。次に目を付けたのが、三重県の五ケ所湾エリア。今年はとにかくサイズがいいとの情報を聞き、11月6日に川中さんと迫間浦の老舗渡船店である日乃出屋へ、イカダエギングに出かけた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・山根充伸)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

日乃出屋でイカダエギング

川中さんと日乃出屋の船着き場に到着したのは午前6時前。そそくさと準備を済ませ、渡船に乗り込む。10分足らずで到着したのは、川中さんが春イカシーズンに1.5kgをキャッチしたというイカダだ。

『イカダティップランエギング』で低活性のアオリイカを攻略【日乃出屋】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・山根充伸)

潮は動いているもアタリはなし

早速セット済みの3号のエギ王Qを岸向きにフルキャスト。イカダの場合、朝の時合いが勝負。じっくりボトムを取り、速いピッチのシャクリで誘い上げ、フォール中のラインの動きに神経を集中する。

潮はほどよく動き、水面にはトウゴロウイワシが群れている。雰囲気は抜群だ。だが、期待に反してラインに怪しい動きはない。足元まで丁寧に探るが、エギは何事もなく返ってきた。

その後も方向を変えレンジを変え、シャクリのピッチを変えて探るが、異常なしの時間が続く。こんなはずでは…と思っていると、ジグを投げていた川中さんにタコがヒット。続けて小ぶりのオオモンハタも上がる。

800gのアオリイカ登場

懸念していた青物の気配はないようで少し安心したが、肝心のイカの気配までない。「これは持久戦になるな…」と思っていると、ゆっくり引き込まれていくラインがピンッと弾かれ、そのままスーッと走った。ここで即アワセ。グンと手元に乗った重みは、そこそこサイズを感じさせる。

慎重に寄せてそろっと抜き上げたのは、キロには届かないが800gほどのナイスなアオリイカだ。

『イカダティップランエギング』で低活性のアオリイカを攻略【日乃出屋】一匹目から良型がヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山根充伸)

新釣法?『イカダティップラン』

時刻は午前9時。その後も連発といきたかったが、再び沈黙タイムに突入する。ここで作戦変更。ティップラン用のマスクシンカーをエギにかぶせ、岸向きにキャスト。ボトムを取ったら、ティップランのように細かいシャクリを入れ、その後はサオを起こしながら水平移動させる。名付けてイカダティップラン。なぜか分からないが、食い気のないイカに絶大な効果を発揮する釣法だ。

そしてティップにコツンとアタリが出て、400g級がヒット。この1匹が呼び水になったのか、キャスティングに切り替えて700g級と300g級、さらにコウイカも追加。川中さんもなんとか700gをキャッチし、午後2時に迎えの船に乗り込んだ。

当日の最終釣果

『イカダティップランエギング』で低活性のアオリイカを攻略【日乃出屋】釣果を前に記念撮影(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山根充伸)

今年の迫間浦は昨年より数は少ないものの、型が圧倒的にいいようで、すでにキロアップが何匹も仕留められているらしい。年内いっぱいは狙えるので、次はより大型を狙って再挑戦したい。

<週刊つりニュース中部版 APC・山根充伸/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
日乃出屋
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。