船ノマセ釣りでブリ族が連発 目感度アワセで「釣った」感あり【小溝丸】

船ノマセ釣りでブリ族が連発 目感度アワセで「釣った」感あり【小溝丸】

「釣りに行きましょうね!」と言いながらも、諸事情からなかなか実現しないのは社会人の定説。しかし、私には月に一度船釣りを楽しむメンバーが居る。今回のメインターゲットは青物。小溝丸乗船にてノマセ釣りで挑んだ。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・辻原伸弥)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ラスト1時間はテンヤタチウオ

案の定、タチウオポイントは、ほぼ貸し切り状態(汗)まだ、潮は止まってはいない!大丈夫かな?タチウオ釣れるかな?そんな不安を胸にテンヤにイワシをセットして海底へ。

船ノマセ釣りでブリ族が連発 目感度アワセで「釣った」感あり【小溝丸】大潮でも釣れた!(提供:WEBライター・辻原伸弥)

しかし、開始早々横の宝さんがヒット!続けて左後方の前田さんにもヒットする。「タチウオ居るじゃない!」と狙うが、頻繁にアタリはでない。釣れたお二人にたずねると、ボトム周辺だけを意識し、たとえアタリがあってもアワせずシェイクやテンヤを跳ね上げてみるといった小細工が必要だったようだ。

船ノマセ釣りでブリ族が連発 目感度アワセで「釣った」感あり【小溝丸】良型タチウオを仕留めた釣友(提供:WEBライター・辻原伸弥)

1つのテンヤに2匹のタチウオ

ボトムから10m未満のエリアだけに集中し、小細工を使いながらタチウオを狙っていく。小さなアタリをとらえて数秒間ステイ。次にロッドを大きくあおってタチウオテンヤをカーブフォールさせていくと、ゴン!本アタリだ。そこで初めてフッキングする。

よく暴れるタチウオ君、でも引きが少し変?上がってきたタチウオを確認してみると、1つのテンヤのハリに、何と2匹のタチウオが同時にフッキングしていた。

しかもさらによく見ると、お互い下顎に大きなフックが貫通していた。この子たちはどうやって食ったの?(笑)記憶に残るなかなかミラクルなダブルヒットだった。

船ノマセ釣りでブリ族が連発 目感度アワセで「釣った」感あり【小溝丸】タチウオがダブルヒット(提供:WEBライター・辻原伸弥)

その後も、船中はタチウオを数匹ゲットしてストップフィッシングとなったが、大潮でありながら潮が止まった瞬間タチウオも食ってこなかったのはなぜ?昔から「大潮はタチウオが釣れにくい!」と言われるが、少しだけタチウオの面白い性格を垣間見たかもしれない。

今の明石海峡は、青物祭り状態。ツバスでも脂が乗って食べてもおいしい時期に突入している。次の休日、気の合う仲間と一緒に船から青物狙いなんてどうだろうか?

<辻原伸弥/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り船について
小溝丸