キャスティングゲームでナブラ撃ち サワラ連発!【シーズナル】

キャスティングゲームでナブラ撃ち サワラ連発!【シーズナル】

今回のターゲットはサワラ。この時期になると九十九島湾内、相浦湾の中に回遊し、スーパーナブラを起こす。釣り方は、キャスティングゲームはもちろんだが、フライフィッシングで狙うのも面白く、エキサイティングなゲームとなる。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

サワラ狙いキャスティングゲーム

10月中旬、長崎県佐世保市・相浦港のシーズナルで出港したのは正午前、朝の強風が少し落ち着いてからの出港だ。

風は少し止む予報ではあったが、湾内でも風で白波が立っている。船を走らせ風裏のポイントに到着するも、そこも少し風の影響を受けていた。

サワラたちのナブラを探すも、白波の影響でなかなか見つけづらい。海面が落ち着いている日であれば、水しぶきで数百メートル先のナブラもとらえられるのだが。

キャスティングゲームでナブラ撃ち サワラ連発!【シーズナル】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

ナブラ撃ちで50㎝前後サワラ

目を凝らしてナブラを探してくと、数百メートル先にそれらしき水しぶきをとらえた。船を加速させナブラへ近づいていくと、近づくにつれ疑念が確信に変わり、目の前には飛んでいるサワラが見えた。

ルアーの射程圏内で船を止め、ルアーをキャストすると同行者にヒット!上がってきたのは50cmほどのサワラで長さは短いが、丸々と太った魚体だった。ルアーは、ジャックアイ40gだった。

そして、立て続けに私にも50cm前後のサワラがヒット!ルアーはSSD13だった。湾内で飛んでいるサワラたちは小さなベイトを食べていることが多く、シルエットが小さくて飛距離も出るルアーに反応が良い。

この日も、例年からの算出でそういったルアーから選択していくこととなった。

ロングディスタンスでナブラ狙い

その後も白波の中から飛んでいるサワラを探し、キャスティングを続けていく。

ナブラに近づきすぎないように船を着け、なるべくロングディスタンスでナブラをシュートしていく。

ルアーと巻き速度、ナブラに対してルアーを通すラインを間違えなければ、一つのナブラからでも立て続けに魚を引っ張ることができる。この日は、ナブラの沈みがかなり速かったが、一つのナブラから2~5尾ほど魚を引っ張り出すことができた。

キャスティングゲームでナブラ撃ち サワラ連発!【シーズナル】好ファイトを楽しんだ筆者(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

今後の展望

水揚げした魚の中に、食べているベイトを吐き出す個体もたまに見ることができたが、やはり食べているベイトのサイズは5cm前後とシルエットの小さなものであり、例年から算出したルアーセレクトは間違いではなかったようだった。

この日、上がったサイズは50cm前後と比較的小さいサイズが目立ち、ナブラの規模も単発など数も少なく見られたが、例年通りであればこれから季節が進むにつれてサイズもナブラの規模も大きくなっていく。これからの釣果にまた期待だ。

<週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
シーズナル
出船場所:佐世保市相浦港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。