管理釣り場でヘラブナ満喫 エサの工夫を楽しむ【へら釣り西池】

管理釣り場でヘラブナ満喫 エサの工夫を楽しむ【へら釣り西池】

祝賀御列の儀が行われた11月10日、大阪・堺市にある管理釣り場、へら釣り西池へ釣友の喜多さんと出かけた。全天候型の屋内釣り場もある快適な釣り池だが、この日は野外に釣り座を構えた。エサを徐々に変更していき、気ままなヘラブナ釣りを楽しんだ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

西池でヘラブナ釣り

「へら釣り西池」の名称で、知る人ぞ知る釣り場が、大阪・堺市にある西池だ。ここは釣りエリアの半分が屋根で覆われていて、全天候型の釣り場になっている。

入り口から見て左奥には、青天井エリアもあり、野外の釣り場も含めて周囲は高い塀で囲われているので、冬将軍の到来も苦にならない釣り場だ。そして一部の釣り座は、18尺くらいの長竿も使えるのが、何よりうれしい。

管理釣り場でヘラブナ満喫 エサの工夫を楽しむ【へら釣り西池】高い塀で囲まれて快適(提供:WEBライター・森宮清釣)

住宅地の中にある釣り場なので、のびのびとした解放感はないが、それでも訪れる釣り人が多いのは、釣り場オーナー夫婦の人柄だけでなく、50cmに迫る大型のヘラブナも釣れるからなのだろう。

野外の釣り座で竿出し

当日は、釣友の喜多さんと西池に向かって車を走らせ、到着したのは午前8時半頃。前回は屋根のある部分で竿を出したので、今回は、日差しと青空が見える外のエリアで釣る事にした。

管理釣り場でヘラブナ満喫 エサの工夫を楽しむ【へら釣り西池】日差しが降り注ぐ野外釣り場(提供:WEBライター・森宮清釣)

当日のタックル&エサ

陣取った場所は、10尺の竿を推奨するエリア。そこで、竿9尺、道糸1.2号、ハリス0.4号、ハリはプロスト4号にして、エサは一景の強力グルテン30cc、ソフトグルテン30cc、荒粒ペレット10ccを混ぜてスタート。

管理釣り場でヘラブナ満喫 エサの工夫を楽しむ【へら釣り西池】当日使用したエサ素材(提供:WEBライター・森宮清釣)

釣り方は、床釣り専用池なので、上バリを底トントンにして段差は6cmとした。釣り始めのウキは、トップがソリッドタイプを使ったが、光の加減で見難いので、1匹釣った後に、細めのパイプタイプに変更した。

活発だがツンが出ない

底には数多くのヘラブナが寄ってきているらしく、盛んにウキを動かしてくれるのだが、「ツン」が出ない。エサが悪いのか、腕が悪いのか迷ってしまう。

ハリを新しいものに取り換えて、ようやく美形のヘラブナが姿を見せた。この頃、向かい側の釣り人が、竿を大きく曲げて40cmアップのヘラブナを釣り上げた。釣り場オーナーの話によると、大助は1日平均20尾前後上がっているらしい。

管理釣り場でヘラブナ満喫 エサの工夫を楽しむ【へら釣り西池】この日の最大級と筆者(提供:WEBライター・森宮清釣)

エサ変更で入れ掛かりに

釣り始めのエサでもよく釣れたが、遊んでみたくなって、最初に作ったエサに、底餌クロレラ10cc、芋グル15ccを追加。少し柔らかめに練って振り込むと、一時入れ掛かりになって、ダブルが2回もあるなどニンマリの私。喜多さんもこの頃から竿をよく曲げだしたが、スレが多く嘆きの声が聞こえてくる。

管理釣り場でヘラブナ満喫 エサの工夫を楽しむ【へら釣り西池】喜多さんにも良型ヘラが…(提供:WEBライター・森宮清釣)

次のページで午後の釣行模様をお届け