旬のヒラメ釣りで本命4匹にハマチ7匹 捨てイト調整がキモ【大進丸】

旬のヒラメ釣りで本命4匹にハマチ7匹 捨てイト調整がキモ【大進丸】

11月1日、釣友の伊藤さんと愛知県・南知多町豊浜港の大進丸へ、旬のヒラメ釣りに出かけた。船中本命顔出すも筆者には青物ばかり。はたして結果は?

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・藤田豊)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大進丸からヒラメ狙いで出船

前回のナゴヤ爆釣会のマダイ釣り大会後の帰りに、伊藤さんから「次は旬のヒラメ釣りに行きたい」との要望。大進丸へ電話を入れると、いつも元気なおかみさんからイワシが入荷する予定だと聞き、すぐ釣行の予約をすると、おかみさんから「待っています」との返事があった。

当日は、少々早めに豊浜港へ到着し、空いていた右舷トモに2人分の釣り座を確保してから車内で仮眠を取る。午前5時ごろに船長、おかみさんにあいさつ。当日の船長は若船長のタクちゃんだ。

爆釣会の伊藤さんも豊浜港に到着して、受け付けを済ませて釣り座へ着き、早速準備を開始する。サオはダイワの極鋭ヒラメH270J、リールはダイワのライトゲームX-ICV300。ヒラメ仕掛けは自作で、オモリは船中統一の60号だ。

すると、顔見知りの知多の伊藤さんや守山区の伊藤さんとも会う。知多の伊藤さんは左舷大ドモ、守山区の伊藤さんは右舷大ドモ、私の左隣は爆釣会の伊藤さん。伊藤さんだらけとなった。

まずは青物が連発

午前6時となり、いよいよ今年初のヒラメ釣りへ出発。30分ほどで当日のポイントの伊良湖沖へ到着して、船長から「はい、ポイントに到着しました。水深は13m。それでは、どうぞ」との合図があり、早速仕掛けにイワシをセットしての一斉投入となった。

仕掛けが着底し、イトフケを取って1mほど上げて待つと、すぐにゴツゴツとアタリが出るが、ヒラメのアタリではない。時折グイ~ンと仕掛けを持っていくが、すぐに元へ戻ってくる。

青物のアタリだと思えた時、右舷大ドモの伊藤さんがシオを、続いて釣友の伊藤さんがハマチをゲット。私もゴツゴツしたアタリでアワせて、ハマチをゲットした。

しばらく青物と遊んだが、ヒラメからのアタリはない。左舷トモの釣り人はヒラメを順調にゲットしている。大ドモに陣取っている両伊藤さんもヒラメを、さらに釣友の伊藤さんもゲットして、ヒラメのボウズは私だけとなってしまった。

旬のヒラメ釣りで本命4匹にハマチ7匹 捨てイト調整がキモ【大進丸】同乗者が本命ヒラメを手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・藤田豊)

捨てイト調整でヒラメ手中

旬のヒラメ釣りで本命4匹にハマチ7匹 捨てイト調整がキモ【大進丸】筆者以外はヒラメを釣り上げた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・藤田豊)

捨てイトを少し短くして仕掛けを投入すると、すぐにヒラメからのアタリが出て、私もなんとかヒラメをゲット。その後も青物からのアタリは続いたが、ヒラメからのアタリは遠い感じだ。

何度目かのポイント変更後、ヒラメからのアタリが出た。ゴツゴツとしたアタリの後、ググーッと持ち込むも、すぐに離す。我慢していると再度ググーッと持ち込み、ここでアワセを入れると魚が乗り、上げると少しサイズアップとなった。

次のページで最終釣果発表!