乗っ込みカレイ好釣り場:林崎漁港海浜ベランダ アクセス良好!【兵庫】

乗っ込みカレイ好釣り場:林崎漁港海浜ベランダ アクセス良好!【兵庫】

兵庫県下には、アクセス良好で手軽に投げ釣りが楽しめるポイントが多数存在します。今回は、乗っ込みの大型カレイが狙える好場、兵庫・明石の林崎漁港海浜ベランダを紹介したいと思います。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・松尾幸浩)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

秋は乗っ込みカレイの好機

乗っ込みカレイ好釣り場:林崎漁港海浜ベランダ アクセス良好!【兵庫】海浜ベランダの釣り場(提供:WEBライター・松尾幸浩)

秋風が吹いて朝晩が涼しく感じられるようになると、乗っ込みカレイ秋の陣に突入します。秋の乗っ込みカレイといえば、もちろん数も狙うことができますが、やはり40cm超の大判が釣れるというのが最大の魅力でしょう。

この乗っ込みカレイの時期、釣り場の選択には非常に悩みますが、確実に言えるのは、エサ取りの少ない大型カレイの実績場を狙い、カレイの「時合い」に集中して攻めることが最大のコツということです。

林崎漁港海浜ベランダ

今回ご紹介させていただく兵庫・明石の林崎漁港海浜ベランダは、東西に約250m延びる旧一文字波止で、現在は漁港の東側が埋め立てられており車両の進入もOK。足場もよく、手すりもあるので家族連れでも安心の釣り場です。

釣り場は激流で有名な明石海峡に面し、潮通しは抜群。潮流の速い釣り場では大型魚がよく釣れますが、ここは特に大型カレイが有名で、シーズン初期から35~40cmの良型が上がります。また、ベストシーズンの10月中旬から11月上旬には45~50cmの大型が期待でき、50cmオーバーの超大型も年に何匹か記録されています。

ポイントの詳細

東端の周辺(ポイント図A)は大型の実績が一番で、50cm超えもよく出ていましたが、最近は水深が浅くなったのかあまりいい釣果が聞かれず、またサヨリ釣りの人が大勢陣取っていますのでオマツリが多発し、なかなかサオが出せません。

最近、大型カレイの実績があるのは、一文字波止の西寄りにある屋根付きの休憩所前(ポイント図B)。50cmオーバーの特大イシガレイが30mほどの近投でヒットしています。私は遠投で30~40cm級の大型マコガレイをヒットさせました。

西端(ポイント図C)は潮流が比較的緩く、釣りやすいポイントで、ここでは25~30cmの中型マコガレイがよくヒットしています。

乗っ込みカレイ好釣り場:林崎漁港海浜ベランダ アクセス良好!【兵庫】ポイント図(作図:WEBライター・松尾幸浩)

込み潮&マヅメ時が狙い目

釣り場全体で潮流が速いので、比較的緩い西へ流れる込み潮を狙いましょう。特に朝夕のマヅメ時には大型の実績が高いので、そのタイミングにはエサも本命のマムシで狙ってください。荒れた後は最大のチャンスで、大型カレイにスズキなどの大物もよく上がっています。

反対に、引き潮時は東への急潮流となりますので遠投は不可。潮が緩むまでは足元の近投で探るのがベターです。岸から10mぐらいまでには捨て石が入っているので、ポン級のアブラメもよく釣れます。

誘いとアワセ方

攻略法としては、まずカレイの寄り場を探すことが大事。投げ釣りのセオリー通りに遠、中、近と投げ分けて、アタリが出たポイントを集中して狙います。また、根掛かりが少ないので、5分に1回ぐらい仕掛けを動かしてカレイを誘う動作も重要です。

アタリはコンコン、グイーッとサオ先に大きく出ますが、早アワセはバラシの原因となるため、一呼吸待ってから大きくアワせるのがコツになります。また、大型が釣れるのでタモは必需品です。

オモリは30号以上を使用して、45度以上流れたら巻き取って再投入するようにしましょう。仕掛け、エサをたっぷりと用意してジャンボガレイにチャレンジして下さい。

乗っ込みカレイ好釣り場:林崎漁港海浜ベランダ アクセス良好!【兵庫】大判カレイを攻略(提供:WEBライター・松尾幸浩)

※一昨年の台風の影響で東側一帯で護岸修理中のため立入禁止場所があるので十分注意して下さい。

<松尾幸浩/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
林崎漁港海浜ベランダ