日中のライトゲームでオオモンハタをツ抜け メッキ狙いも成立【尾鷲港】

日中のライトゲームでオオモンハタをツ抜け メッキ狙いも成立【尾鷲港】

台風続きで釣行予定が立てづらい今日このごろ。三重県尾鷲市の尾鷲港でのハタ&メッキ狙いのライトゲームへ友人と出掛けた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ハタ狙いのライトゲーム

まずはハタを狙いながら、メッキの様子を確認する。最初に入ったのはブレイクが近い護岸。しかし到着時間が遅く、ルアーマンとエサの先行者が数人見える。準備をしながらルアーマンを観察していると、順調に釣り上げているようだ。

先行のルアーマン2人はボトムをスローに狙っているようで、私たちはリアクション重視で狙ってみる。私は5gのハネエビでボトムワインド、友人は3gのブレイズジグを結んだ。

やはり後追いだけに好反応とはいかないが、ボトム跳ね上げ後のフォールに集中していると比較的すぐにバイトがあり、無事オオモンハタをキャッチ。先行する友人もジグを躍らせて見せてからのフォールでポツポツと釣り上げている。

日中のライトゲームでオオモンハタをツ抜け メッキ狙いも成立【尾鷲港】オオモンハタは裏切らない(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

アベレージは20cm前後でちょっとかわいいサイズだが、昼間からルアーに果敢にアタックしてくれるのはうれしい。それぞれ10匹ほど釣った時点で潮止まり。

続いてはメッキゲーム

珍魚オキゴンベがヒットしたところでバイトが遠のいたので、メッキゲームにチェンジ。ルアー回収中にチェイスを確認できていたのだが、いかんせん群れが小さい。大きな群れを探して移動する。

日中のライトゲームでオオモンハタをツ抜け メッキ狙いも成立【尾鷲港】珍魚オキゴンベ登場(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

10分ほど移動し、近隣の河口へ到着。川を見渡すが何もいない。取りあえずポッパーで探ろうとポップクイーン、クリスタルポッパーとローテーションしてみるも反応なし。ミノーに変更しDコンタクトをキャストしてみるが、これも無反応。

いないのかと思いながら、しばらく水中を凝視していると、ブレイクに沿って何かキラキラとした魚影が見える。経験がないので何の群れだかよく分からないが、取りあえずキャスト。トゥイッチを入れると一発でヒット。メッキの群れだったようだ

ルアーローテーションで追釣り

友人にも投げて!とせかしてキャストしてもらうと友人にもヒット。ルアーはリュウキ50Sだ。数匹連続ヒットしたところでルアーチェンジ。デンス37S、ティロミノーとローテーションするもなぜかヒットしない。

日中のライトゲームでオオモンハタをツ抜け メッキ狙いも成立【尾鷲港】河口でメッキをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

友人はドクターミノーに替えてヒットさせている。仕方ないのでDコンタクトに戻すと再びヒット。シルバー系、ゴールド系、パール系のカラーローテーションで連続ヒットさせることができたが、ここで群れがいなくなりいったん終了。

夕マヅメのボイル撃ちでヒット

群れを探して次は水深のある漁港へ移動。向かい風なので遠投して探るも、チェイスなし。沈めてやると足元近くでボトムからわいてきた。岸沿いにキャストし護岸際をボトムから跳ね上げてくるとヒット。やはり足元に着いていたようだ。

最後はちょうど夕マヅメのタイミングでスロープへ。抜群のタイミングでボイルが発生。ボイル撃ちで順調にメッキがヒット。数匹追加し午後5時ロッドオフとした。

日中のライトゲームでオオモンハタをツ抜け メッキ狙いも成立【尾鷲港】ゲストでシーバスも(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

尾鷲地区はどこにでもメッキの姿が確認でき、初心者の私でもイージーに釣れので、当たり年は本当のようだ。私はメッキを手にするまで2年ほどかかったが、今年挑戦すれば確実に手にできるだろう。ぜひ挑戦してみてほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
尾鷲港~周辺の河口
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。